2018年05月20日

赤 白 黄色










  


Posted by のりちゃん at 23:35Comments(0)花と虫

2018年05月20日

甘酸っぱい


  


Posted by のりちゃん at 23:32Comments(0)花と虫

2018年05月20日

可愛くなった


  


Posted by のりちゃん at 23:31Comments(0)花と虫

2018年05月13日

ディンギー初日

北西~西~南西~南と風向きが変わりながら、3~8mと段々風力も増してくる。
ディンギーヨット自主練習のシーズン初回は、かなり厳しい内容になった。

向きを変えながら来る突風は、どこから攻められるか分らない戦いのようで気が抜けない。
風を逃がしながら、そろそろと帆走ってやっと桟橋に戻ってきた午前の練習。

午後は更に吹き上がってきていると言うから諦めた。

レスキュー艇に乗せて貰って、ボートの上から仲間の健闘を見守る。がんばれよ~!
  


Posted by のりちゃん at 01:04Comments(0)スポーツ

2018年05月11日

目の前の好物

大好物の空豆をたっぷりと頂いた。鞘をひねって実を取り出しながら、ニンマリ笑ってる。

  


Posted by のりちゃん at 22:32Comments(0)食べ物

2018年05月11日

山から海へ

五月晴れとは、今日の事を言うのだろう。午後から近くの高津子山へ3人で軽いハイキング。
青空、新緑、少し冷たい北からのそよ風、海は穏やかで透き通っている。360度見渡せる展望・・

頂上から海側へ下って海岸線を歩く。が・・岩場が崩れて通せん坊。急な階段をジグザグと登って、
迂回して見えたのがコレ。大変だ、修復工事にどれだけの日数が係るのやら。
  


Posted by のりちゃん at 22:30Comments(0)出来事

2018年05月05日

穴子の町

今年になって、港かなえ さんの小説やエッセイを読み続けている。
彼女は淡路島在住。エッセイに鯛そうめんと穴子やタマネギや鱧の話が度々出て来ていた。

噂の穴子屋からは香ばしい香りがずっと漂って来ていたが、お店に着いたら長い行列で驚いた。
一人が数匹づつ買うから、列が進まない。そういう我々も、昼用と土産用に沢山買う。


港に戻ると、続けて5艇のヨットが到着。1艇に一人づつ小父さんが乗る。ツーリング感覚だな。

明石海峡大橋をくぐった2時過ぎ、赤飯と穴子で昼ご飯。

潮も風も後ろから押してくれて、艇の進みは速い。4時間半で泉大津に帰港できた。
  


Posted by のりちゃん at 23:00Comments(2)アウトドア

2018年05月05日

野島断層

2日目の朝はゆっくり起きて、たっぷりの朝食。散歩がてらに穴子の店へと向かう。

続いて阪神淡路大震災の傷跡の残る野島断層の記念館へ。(翌日はイベントがあったらしい)


断層の上に建物を作って、そのまま保存してある。隣りに倒壊しなかった家も残してあった。



  


Posted by のりちゃん at 22:57Comments(0)アウトドア

2018年05月05日

富島界隈

艇を片づけて、高台にある かんぽの湯までは20分ほど。地面を歩くのは8時間ぶり。

汽船を形どった建物や、最上階に展望浴場があるのは、淡輪の海風館にそっくり。

ロビーで日没を迎えた。防波堤の先端の内側に停めた艇が見える。

スマホで調べながら夕食の店を目指すが、町並みの雰囲気に違和感を持った。

漁村なのに、新旧入り混じった映画のセットの様に感じる。そうか!震災の後に復興したんだった。

お目当てのお店に落ち着いて、まずはウニで乾杯。お疲れさまでした。
  


Posted by のりちゃん at 22:54Comments(2)アウトドア

2018年05月05日

いろいろ見えた

目的の富島(としま)港は、淡路島北端から少し南下した所。

神戸港が近いせいか、海上ではタンカーを沢山見た。西から東へ向かうコレは何だろう。


島の海岸線に見えた白い建物は、キティちゃんの館。レストランやグッズ販売店があるそうな。

7時間半かかって富島漁港に着いた。漁船の中にヨットは1艇だけ。

北淡町のマンホールと空気弁。当然明石海峡大橋が描かれている。


  


Posted by のりちゃん at 22:52Comments(0)アウトドア

2018年05月05日

淡路島クルージング

毎年、関空島一周レースに乗せて貰っていたヨットが、今年は淡路島へクルージング。
久々に1泊2日の旅に連れてもらう事にした。4人で乗って、泉大津港を10:05出港。

明石海峡大橋まで3時間の予定が、強い向かい風とうねり、潮も逆流して進まない。

艇はロデオの馬の様に暴れまわる。すっかり慣れたはずが、酔いそうになってあせる。

伸びやかな橋が見えるとワクワクしてくる。やっと風も落ちて来た。3時前に橋の下を通過。

  


Posted by のりちゃん at 22:49Comments(0)アウトドア

2018年05月02日

ずっと定番

ひょっこり出て来たからと、人づてに渡してもらったリビング新聞の切り抜きは、21年も前の記事。

豆腐の料理の特集で、読者に我が家のレシピを募集していたようだ。私が投稿したのが載っている。
おやおやこれは・・今でもチョイチョイ作っている定番の肴。変わっていないなぁ。いやマンネリか。
  


Posted by のりちゃん at 22:53Comments(2)出来事

2018年05月02日

メダカがやって来た

一昨年の夏に全滅させた時はショックだった。何が原因か良く分らないから飼うのを控えていた。
しかし、友の家のは、我が家より小さい器でよく増えているという。もう一度やってみるかな?

で、5匹ほどをいただいた。元気に育って沢山の卵を産んでほしい。  


Posted by のりちゃん at 22:46Comments(2)出来事

2018年04月29日

初レース

泉大津のヨットレースに参加する艇に乗る。今年初めての海上は、爽やか青空。

コーナンで手に入れた小さい鯉のぼりを、ヨットのアンテナに付けてもらった。泳いでるね。

泉大津港沖には、赤青の灯台が4組。スタートやゴールの目印に使わせてもらっている。

良く見ると、針金のトゲトゲがいっぱい。海鳥避けなのかな。

エントリーは9艇。先頭2、中盤4、後陣3、と最後まで集団が分れてのレース展開。

我々は2位でゴール。しかし、ハンディー修正で7位になってしまった。



  


Posted by のりちゃん at 22:42Comments(0)アウトドア

2018年04月27日

悪くないヤツ

家の周りでチョイチョイ見かける小さい赤いヤツ。気にはなるけど、まっいいか、とやり過ごしていた。

市報和歌山の記事に一瞬ドッキリしたけれど、害がないひ弱いヤツらしい。

  


Posted by のりちゃん at 22:40Comments(2)花と虫

2018年04月27日

夕掘り

この季節、山野の頂き物がうれしい毎日。タラの芽、わらび。筍は2人に3度づつ6度も頂いた。

夕方掘ったのを帰りに届けてもらうから、朝採りどころか ついさっき採り。そのまま夕食とは贅沢な。

  


Posted by のりちゃん at 22:38Comments(0)食べ物

2018年04月27日

ミュゲ

30年も前に、とあるお庭でいただいたスズランの株。土を良くしたからか今年は50も花穂が出た。

お店で売っていないのよね。花瓶に入れ、試験管の花器に活け、友達にもプレゼント。

鈴蘭 君影草(きみかげそう) 谷間の姫百合(たにまのひめゆり) フランス名はミュゲと言う。
「フランスでは5月1日、愛する人にスズランを贈る風習があります。
この風習は1500年代にまで遡ります。フランスの王様シャルル9世が5月1日に
幸福を授けられると言うスズランの花束を受け取り大変喜びました。それからというもの、
5月1日に愛する人に必ずスズランの花束を贈る事に決めたのです。
この風習が庶民に広がり、そして今日まで続いていると言われています。」 だって。
  


Posted by のりちゃん at 22:37Comments(0)花と虫

2018年04月22日

岬で働く

第3土曜日は「トンガの鼻自然クラブ」の例会作業日。雑賀崎の岬の整備に9時に出向く。
今日のお仕事は、20株程のツワブキの苗を植え付ける事。

水道設備が無いからと、2ℓのペットボトル10本をリュックに背負ってきたと言う仲間に頭が下がる。

苗に水やりした後で岬を見て回った。先月は絨毯の上の黄色い模様のように咲いていたタンポポ。

今日は大方が綿毛になっていた。小ぶりの椎茸2ツも収穫させてもらって、早めに帰宅させてもらう。
  


Posted by のりちゃん at 00:44Comments(0)花と虫

2018年04月18日

春の大潮

雑賀崎にある「なだの浜」のガレキの掃除の最終6回目。15人と少ない人数でも頑張る。

去年の秋に比べれば、20分の1程になったゴミ。後は、波に任せて自然消滅を待つのか?

今日は春の大潮の日。雑賀崎では昔から、この日に磯に出てピクニック的な行事をしていたと言う。
ガレキ掃除の最終回とあって、おにぎりと豚汁とミカンのゼリーを用意したランチタイムになる。

普段は海中で見えないコンクリートの台座が現れた。(干潮 13:49 -2cm )

周りに大きく育った牡蠣が付いている。   マイナスドライバーや石を使ってせっせと採る仲間。

しかし・・噂の貝毒が気になるなぁ。      若布の根株も一杯収獲していたけれど・・
  


Posted by のりちゃん at 23:04Comments(0)出来事

2018年04月14日

奇跡の2輪

塀の下のコンクリートと、道のアスファルトの隙間から、芽生えたサクラ草。

3mm程の葉の間から茎を伸ばし、1cmの花を2輪咲かせた。よくもまぁ! ただ,、ただ驚く。

  


Posted by のりちゃん at 23:23Comments(0)花と虫