2017年09月22日

鯉が進化すると何になる?

2年続きのセ・リーグ優勝が決まった広島カープ。今日は巨人との消化試合をしていたな。

岡山在住の娘から送って来たのは、山陰新聞の優勝当日の記事。お父ちゃん喜ぶ。

もう1枚入っていたのは、優勝記念セールのちらし。中央で胴上げされているイラストの顔が変。

カープ坊やのはずが、小父さん顔。緒方監督なのかな?
  


Posted by のりちゃん at 23:45Comments(0)出来事

2017年09月20日

親切なお姉さん

訳あって、40cm×30cm×30cmのダンボール箱が3ツ要る。スーパーへもらいに走る。

* G店の店先に置いてあるのは、小さすぎてどれも間に合わない。
* M店も同じく。店員さんに尋ねると、わざわざ鍵で開けて倉庫に案内してくれたが、
   大きすぎてこちらも間に合わない。恐縮してお礼を述べて退散する。
* W店にも聞いてみる。ダンボール箱置場に案内して探してくれたが、合うサイズが無い。
   諦めて帰ろうとしていたら驚いた。ジャストサイズの箱の中の商品を買い物カゴに移して、
   3箱を空にして渡してくれた。なんと有り難い。感激!どちらも若い女性だった。  


Posted by のりちゃん at 23:54Comments(0)

2017年09月18日

台風18号

金曜日にはすべての準備が終わっていた。
プランターや鉢の植木の避難。すだれを外して処分する、物干しは竿を外して本体は倒しておく。
さあ、やって来い台風!いざとなれば、2ツのポンプが活躍するし、板戸が浸水を支える。

幸いかな、各地に大きい被害をもたらした雨も風も、和歌山市には優しかった。
少し北の貝塚も、少し南の下津も、大雨の被害があるのに、ここは無事だった。
雨の気配には敏感で、いつも身構えているけれど、今回も助かった!ありがたい。  


Posted by のりちゃん at 00:03Comments(0)出来事

2017年09月16日

乗り損ねた

レンタサイクルで2時間走った洲本。こんな電気自動車にも乗れたはず。
二人乗りで無料で6時間借りる事が出来る。主な旅館が貸し出すが、ただし予約制。

先約があって乗り損ねたけれど、レンタサイクルでも楽しめた。

間違って入って行った行き止まりの道の奥で出会った人が饒舌だった。
戦国時代の歴史から、現在のアイドルタレントまで網羅している知識で攻めて来る。
話は途切れなく続いて尽きないからと、遠慮して先を急いだ。

バスセンターでお世話になった女性は、詳しい情報を漏れなく伝えてくれた。

帰りの桟橋で「水産庁」の船を見かけて注目していたら、ニコニコ笑顔で説明をしてもらえた。

旅の出会いは面白い。知らない人に親切にしてもらえると、それが思い出となる。
  


Posted by のりちゃん at 00:45Comments(0)

2017年09月14日

タコ天定食

洲本の町へ戻って、お昼は妹お薦めの飯屋「魚増」での蛸天ぷら定食を食べる。

運ばれて来たお膳に驚いた。蛸1匹分の天ぷらが盛り付けてある。食べ切ったがご飯が残った。
パック容器に入れてもらって、タコ入りコロッケをお土産に揚げてもらって帰路に着く。
  


Posted by のりちゃん at 23:59Comments(0)食べ物

2017年09月14日

やはり水仙

さて、洲本市のマンホールはどんなかな?やはり水仙か。
  


Posted by のりちゃん at 23:59Comments(0)

2017年09月14日

洲本城

帰りの船便は13:00発 持ち時間は2時間余りしか無い。(16:30の次の便だと遅い)
バスセンターの観光案内所で相談して、洲本城までの往復に決めた。

レンタサイクル(500円)に乗って海岸線を走り、城山の登り口から山道を歩いて上る。

地元の人が「ハリボテ」と言う天守は近年の建築だそうな。

でも、見晴らしは良い。洲本の町並みと港が一望できる。お弁当を食べたくなる場所だよ。

  


Posted by のりちゃん at 23:58Comments(0)出来事

2017年09月14日

社会実験運航

南海多奈川線(泉南郡岬町)深日港洲本港(淡路島)の船便が、3か月間だけ復活している。
片道55分・1500円 で淡路島へ渡る事が出来るなんて素敵!(車だと神戸回りで遠いよ)

1日4便の始発8:30に、泉南に住む妹と乗る。団体さんやサイクリストで満席の60人位。

海も静かだったけれど、揺れの無い乗り心地は、双胴船だったからかな?

小さい事務所だけだった深日港と比べて、洲本港は立派な建物の中にそれなりの施設もある。
  


Posted by のりちゃん at 23:46Comments(0)出来事

2017年09月13日

47本目のキュウリ

最後のキュウリを収穫した。6月13日から丁度3か月で、計47本。でかした!

ゴーヤは、まだ小さいからと油断していると、すぐにオレンジ色になって真赤な種を見せる。
こちらも計38本の収穫。まだ可愛い数本がぶら下がっているよ。
  


Posted by のりちゃん at 23:40Comments(0)花と虫

2017年09月13日

手作りマーケットで

娘からの小包には、地域の手作りの品が入っている事が多い。

夫婦で育てて、その時収穫出来た物だけを売る「山の畑」のハーブティー。山奥の石窯パン。
種から育てた花をドライフラワーにして、リースにアレンジした飾り物。お魚の燻製も旨い。
  


Posted by のりちゃん at 00:15Comments(0)

2017年09月10日

熊野古道 赤城越え

西浜中学ハイキングクラブで5年越しで続けて来た熊野古道踏破がこの3月で達成した。
そして別ルートの赤城越え大日越えで、再び本宮と大斎宮(おおゆのはら)を訪れる。

発心門王子を出発して、最初の王子が猪鼻王子

途中の石の道標には、珍しい指先案内が記してあった。

                          遅めの昼弁当を食べた湯峰温泉公衆浴場の券売機。

今時250円とは破格の入浴料。でも何も置いてない湯のみ。結局時間切れで入れなかった。
  


Posted by のりちゃん at 23:56Comments(0)アウトドア

2017年09月09日

はじめまして&ごめんね

月に1~2回ある「クリーンナップ」 和歌浦から雑賀崎を整備して回る。今日は片男波海岸奥。

防波堤のコンクリート階段に、気になる動きがあった。おや?めずらしいクモだよ。
背中が赤いから「セアカコケグモ」なんちゃって、と思ったらホンマモンだった。
白い丸い卵2個と、毒を持つメス1匹を靴で踏みつぶしてもらった。ゴメンね。
  


Posted by のりちゃん at 23:55Comments(0)花と虫

2017年09月09日

ぼたんちゃん

こんなの初めて見たよ。リードを付けたインコ。ボタンインコのぼたんちゃん

背中からお腹にかけて、赤い小さいチョッキを着せてあって、それにリードが付いている。
服を縫った飼い主の小父さんが言う 「これはオムツ。糞をしても大丈夫だよ。」
  


Posted by のりちゃん at 23:54Comments(0)出来事

2017年09月08日

名前を付けようか

お馴染みの ハエトリグモが、今年も徘徊している。
毎年数匹が現れて、天井や壁を歩き回る。

今年のヤツは、ちょっと型破りでいる。
毎日、家のどこかに居るが、天井や壁では無い。

数日前は、冷蔵庫内で丸まっていた。
あ~ぁアホやなぁ凍死したか、と思ったら、
数分後にはピョンピョンはねていた。

少し前には、新聞を読んでいる私の肩に飛びついた。
すぐに「何してんねん!」と払い落した。

読んでいた本のページに乗って来て邪魔もする。

今朝は、洗濯機内のタオルの上に停まっていた。親切にも出してやろうとしたら、奥に逃げた。

夜に入ったトイレでは、いきなり天井から糸で目の前に下りて来た。どうも目立ちたがり屋らしい。

昆虫は好もしいけれど、クモは怖くて苦手な私。でも唯一許せるのがハエトリグモ。
このやんちゃなクモに名前を付けてみようか。

  


Posted by のりちゃん at 23:27Comments(0)花と虫

2017年09月06日

肺炎球菌ワクチン

和歌山市からの催促に応じて、行き付けの内科に夕方訪れてワクチンの接種をしてもらった
5年は有効だと言う。お薬手帳に貼る5枚のシールもいただいた。
ワクチン接種の左腕半ばは、少々痛痒いが、これ以上の症状が無ければ問題無いそうな。  


Posted by のりちゃん at 23:54Comments(0)出来事

2017年09月05日

ゾウとネズミとウニとバッタ

新聞記事で見かけたこの本が気になって、図書館で借りて読んでいる。
本川達雄氏 主人と同じ69才。東大理学部卒で、動物生理学の博士でいて、著書も多い。
25年前の著書の「ゾウの時間ネズミの時間」をまず読んでから近刊の本も借りた。

数式やらグラフやらと難しい項目もあるが、生物に対する敬意があるのに共感した。

海で繁栄してきた生き物が、水分の少ない陸で生き延びるための体を持つ進化について。
生き物の内の大方を占める昆虫類と、被子植物との二人三脚で多様化してきた歴史。
その進化の過程や体の作りを記していて感動する。私達人類は、番外なのかもしれないな。
  


Posted by のりちゃん at 23:59Comments(0)

2017年09月04日

9月花

この白い花が我が家に来てから、かれこれ40年以上は経っている。名前はタマスダレ

毎年必ず9月に入ると、急にいそいそと花穂を伸ばして、10日間ほど白い花を咲かせ続ける。
まるでカレンダーを見ているかのような動きに、毎年感心してしまう。  


Posted by のりちゃん at 00:02Comments(0)花と虫

2017年09月02日

バッタ天国

広い草原、バッタがいっぱい。
ショウリョウバッタ・オンブバッタ・トノサマバッタ・イナゴ・クサキリ・ツユムシ・ヤブキリ・キリギリス

ショウリョウバッタの緑色               ショウリョウバッタの縞入り

ショウリョウバッタは、豪快にチキチキチキと遠くへ飛ぶ。しかし追い詰めるとかんたんに捕まる。

小さいの                         正面から見ると

小さいバッタやイナゴは、小回りがきくから捕まえるのが難しい。

この顔のでかいのはツユムシかヤブキリか?  おまけのカメムシも登場した。

足元は、歩く度にバッタが飛び跳ねる。頭の上にはトンボが群れて舞う。いつもの風景。
  


Posted by のりちゃん at 23:46Comments(0)花と虫

2017年09月02日

土煙りとスイカ

9月23日のイベントの準備で、雑賀崎灯台手前の空き地の草刈り作業に、21人が集う。
雨が降らないから、草の茂り具合も甘い。地面をこするように動く草刈機からは土煙が立つ。

80台を停められる駐車場が出来上がる。例年よりはツルツルに仕上がったね。

休憩に供するおやつは、恒例の「スイカ」

他にも、甘いの、辛いの、色々取り混ぜてのごちそうになった。  


Posted by のりちゃん at 23:45Comments(0)出来事

2017年09月02日

夕日を見る会

年に2回のお彼岸の中日にする「夕日を見る会」を、かれこれ14年も続けてきた。
去年からは、灯台でのイベントは秋だけで、春は岬巡りのウォーキングに内容を変えた。

そして、ステージライブや模擬店や子供の遊びをする形のイベントは今回限りになった。
発足から14年経ち、スタッフの高齢化で限界にきたからだ。最後の1回、もうひと頑張りよ。

  


Posted by のりちゃん at 23:39Comments(0)出来事