2008年12月19日

三番叟(さんばそう)


先月からかかっている

「お猿の三番叟」が

仕上った。

小さな鈴を手にしている、

この姿がご愛敬。

空いた左手に持つはずの、

御幣(ごへい)は、

小さな体に釣り合わないと

やめにした。

烏帽子かぶって羽織着て、

めでたい舞いの姿だそうだ。

縁起物だから、お正月の

飾り物にすると言う。





たっぷりあった宿題をこなして、干支の牛も出来上がった。


半年間でこれだけ出来た。教室は一旦閉会する。先生には来年の4月に再会できるかな。  


Posted by のりちゃん at 00:17Comments(0)出来事