2009年05月17日

5/17(日) 嵐の後の豚汁

船内に泊まり朝5時起きで、7時前に係留地の県庁前を出発して港外のスタートラインに向かう。

新町川河口の橋をくぐる頃は、風は強いもののまだ青空。


スタートライン片側になる徳島の艇、もう片側はオレンジのブイ。


8時のスタート直後、東の空はイヤ~な鉛色、海面は水銀のように光って不気味。

この後和歌山マリーナシティにゴールするまでの4時間、デッキにしがみついていた。
大きなうねりと強風に、艇はコースターかロデオのように前後左右に大きくゆれる。
波は上からドッシャと叩くようにして落ちてくる、下からも横からもお構いなし。
海水をたっぷり浴びた塩漬けの体は、お天気になるという明日は、めでたく土用干しにできそう。
さすがに和歌浦湾に入るとうねりは納まったものの、寒冷前線が出迎えてくれて、
雨と突風にもみくちゃにされながらゴール。生きて帰ってこれたなぁ、が本音だった。

和歌山組は良いけれど、徳島組はゴール後そのままUターンして、同じ行程を徳島へ。
皆さん無事に帰り着いたのでしょうか。吹き上がっていたから、心配です。


港に戻って片づけて、うどん入りの豚汁で昼食が2時、これが最高に美味しく思えた。
皆黙々と食べていたなぁ。
  


Posted by のりちゃん at 23:52Comments(8)アウトドア

2009年05月17日

5/16(土) 徳島入り

WOYC(和歌山オーシャンヨットクラブ)と、TYC(徳島ヨットクラブ)との親睦レースがある。
実に33年も続いているそうな。今年で3年目の私も、前日から徳島入りです。

徳島港から河口をさかのぼって係留場所の「ケンチョピア」へ向かう。左手に県庁、正面に眉山。


河口で出会った「南海フェリー」          対岸には別のフェリーが・・九州行かな?


係留後、スーパーへ買い出し、銭湯でお風呂、そして両クラブの前夜祭へと向かう。
「沖洲マリンターミナル」2階のドーナッツ形の会場は、内側の階段からみると不思議な景色。

1階に置いてあった緑の顔の人形は、

言わずと知れた特産品すだちのキャラクター。

2ツの大鍋で何度も煮てもらい、3回もお代りして

食べたスキヤキは、すでにすっからかん。



  


Posted by のりちゃん at 23:51Comments(2)アウトドア