2010年07月05日

中国のお茶

台湾旅行お土産の中国茶の名前は「阿里山金萱茶」という。

日本の煎茶と違って、丸く乾燥させている。そのままでも食べられてほろ苦い味がオツ。


熱湯を注いでしばらくすると・・底の葉が次々と浮き上がってくる。


そして、お湯がすっかり行き渡ると、1枚1枚が葉の形に開いて広がる。
程良い渋みが、冷やしても美味しい。  


Posted by のりちゃん at 23:38Comments(4)食べ物