2015年12月09日

乗りそびれた観覧車

青空が幸いして、目に映る建物全てがクッキリと美しく見えた。観覧車のボックスと風車は同じ黄色。

「展覧会の後で乗るからね」と、横目で約束しながら通り過ぎた。

展覧会にじっくり2時間、ついでの海遊館はシニア料金に押されて入って1時間半。

1周するのに30分はかかりそう・・時間が無いからまたの機会にね。
  


Posted by のりちゃん at 01:00Comments(4)出来事

2015年12月09日

25才の海遊館

もうそんなになるのか!25周年の「海遊館」。出来た当初に家族で見に行ったっけ。

悠々と泳ぐ「ジンベイザメ」は何代目なのだろう。

エレベーターで上がった7階から、らせん状に下りながら大水槽と個別の水槽を見学する。

最後に出合うのはクラゲ達。水玉模様がかわいい「タコクラゲ」 名前は忘れた小さなクラゲ

銀色に光る「イワシ」の群れ。(先日、生姜と醤油で煮て食べたところよ。)

実際の海中でも小魚の群れにはよく出会う。密集した魚群が渦巻く壁のようになっていて圧巻。

「あれ、旨そう」と言っては失礼かも。

水槽下で大口開けて一休み。動きののんびりした「ハタ」類は写真に写し易い。



  


Posted by のりちゃん at 00:56Comments(2)出来事

2015年12月09日

誕生日のプレゼント

「藤城清治」さんの作品展を、大阪は天保山、海遊館隣りの文化会館へ見に行った。

藤城さんのギャラリーは那須高原にあって、遠くてとても行けないや。
過去に大都市であった展にも行けなかった。やっと近くの天保山に来てくれた。

その昔、小学生の姉妹3人が布団で読み聞かせてもらったのは、暮らしの手帖のお伽話。
挿絵が美しかった。モノクロの影絵なのに、背景や人物に色が見える様で色気さえ感じて、
子供心に焼きついた。その頃からのファンだと言ってもいいかもしれない。

91才の藤城氏は、この展示の期間に緊急手術を受けて、退院したのが先月末だと言う。
それでも創作の意欲は衰えずに、夢を綴り続けておられる。
今日は私の誕生日、記念のカレンダーを買った。
  


Posted by のりちゃん at 00:50Comments(2)出来事