2016年09月13日

内祝いセット

岡山に住む娘から、主人宛に小包が届いた。父の日も誕生日も過ぎたから敬老の日のプレゼント?
ではない。主人は広島カープファン。(昭和50年に優勝した時、転勤先の広島で真赤に染まった。)

選手の写真とプロフィールが印刷されたふりかけ20パック×6袋と、カープ坊やのラーメン2袋。

おまけに小分け用の袋まで添えてある。1袋に3パックづつ入れて、カードが入っていたら大当たり!

お礼の言葉のシールを作って、40人分をセットしたのは私。内祝いのつもりで配るそうな。

  


Posted by のりちゃん at 23:56Comments(0)食べ物

2016年09月13日

マンホール婆

マンホール女子と言う言葉が出来たらしい。20年前からコツコツ記録して100近くになる婆。

さすがに長浜市は豊臣秀吉色が強い。千成ひょうたんがぎっしりの柄。

醒ヶ井は滋賀県米原市                 伊吹山も米原市 合併前は伊吹町

市の木・イチョウ 市の花・サツキ        町の花・ツツジ 町の鳥・ウグイスと伊吹山


  


Posted by のりちゃん at 00:39Comments(0)

2016年09月13日

梅花藻

土曜日に伊吹山を上り下りして、長浜城公園内の国民宿舎「豊公莊」に泊まった。
9時過ぎに醒ヶ井駅に着き、1時間半ほど散策する。雨の覚悟だったのに晴れてラッキー。

宿場町の風情を楽しみながら、澄んだ流れのほとりを歩く。梅花藻が揺れている。

花の時期を外れているから見られないと思っていたのに、この満開の沢山の花に感激。


地味な1cm程の小さな花。でも湧き水に漂う藻の上に白く咲く姿が可憐。


藻には鉄分が多く含まれているらしい。粉末にしたのを様々な食品に利用している。

これはくず餅。他にも、饅頭や蕎麦やソフトクリームにも混ぜ込んであった。  


Posted by のりちゃん at 00:33Comments(0)花と虫

2016年09月13日

伊吹山の花

登山口の「三之宮神社」には、登山ポストがあって、花だよりも置いてくれている。
今時の花を載せているから、道筋に見かけた花を、照らし合わせながら歩む。

これは何?どこにも載っていない?            カンボク(肝木)の赤い実

  サラシンショウマ(更科升麻)              フジテンニンソウ(富士天人草)


  イブキトリカブト(伊吹鳥兜)               ツリガネニンジン(釣鐘人参)


  コイブキアザミ(小伊吹薊)               ススキ

他にも、リュウノウギク(竜脳菊)・アキノキリンソウ(秋の麒麟草)・イブキフウロ(伊吹風露)
カワラナデシコ(河原撫子)・クサフジ(草藤)・シモツケソウの白とピンク、と様々なお花に出合った。




  


Posted by のりちゃん at 00:30Comments(0)花と虫

2016年09月13日

伊吹山山行

ハイキングクラブの今年のお泊り例会は「伊吹山」琵琶湖の北東にある1377mの独立峰で、
100名山の1つ。名前は知っていたものの、夏はお花畑、冬はスキー場としか知らなかった。

バスの窓から見ると、確かにこんもりした山の形で、てっぺんが平らで広そうだ。

登山口の標高は200mだから、約1200mの高さを一気に登る事になる。

2合目までは涼しい木立の中。その後はススキの原をくぐり抜けていく。

5合目から見上げると、頂上までの道筋が目で見える。

先に登る人たちのジグザグの列が動いていて、ああ、あそこまで登るんだとよく分る。

4時間かかって登頂した。驚いたのは、お店が沢山あった事。

食事におやつに飲み物にお土産品。何でも揃っていて、まるで観光地。
  


Posted by のりちゃん at 00:23Comments(0)アウトドア