2018年01月28日

神田屋では

藤白峠から、冷水浦へと下って、出発点の藤白神社へ2時に戻って来た。
で、ここで新年会。いろいろな報告や決め事もあって総会の様にもなった。

「神田屋」のお料理は、最後のフルーツまで繊細で上品な優しい味で、3時間を楽しんだ。

浄土真宗の蓮如上人が、この地で説法をしていた。その頃のお話しが紙芝居になった。
十五(じゅうご)と言う名の娘に姿を変えて、白蛇の化身が毎度訪れていたと言う。

海南の地に、その名が残されていて興味深い。  


Posted by のりちゃん at 23:58Comments(3)出来事

2018年01月28日

和歌浦・雑賀崎を見る

所属しているハイキングクラブ以外にも、とある山歩きの会にも顔と足を出している。
1月の企画は、海南駅から熊野古道を藤白峠まで登って、冷水浦へと下る半日コース。

御所の芝からの景色は良い。四国・淡路島・友が島・片男波海岸・水軒の浜と見渡せる。

おお!、ここからなら双子島が双子だとはっきり解る。

右隣りの大島、中ノ島と呼ばれる島は、ここでは男島、女島と言われている。  


Posted by のりちゃん at 23:48Comments(0)アウトドア

2018年01月28日

日本遺産の和歌の浦

去年、日本遺産になった和歌の浦の活用を、具体的に考えようと言うシンポジウムがあった。

基調講演は、世界各地を視察し日本遺産の認定審査委員長でもある筑波大学教授の稲葉信子氏

仁坂県知事・尾花和歌山市長・神出海南市長・村瀬近大名誉教授・坂口観光協会会長・
山西県議会長が、それぞれの役職立場からの意見をパネルディスカッションで話された。

3時間に及ぶ話し合いの中では、
沢山の取り組みが提案されて、とても心強く思えた。

地域のボランティ活動をコツコツ15年続けて来ていて、
それが無駄ではなく、将来につながると嬉しい思いもあった。

これからどうするのかが、大きな課題となる。
和歌山市の和歌の浦の絶景を信じて進むしかないね。

日の丸にバーコードの様なロゴは、日本遺産認定のロゴ。
日本遺産(ジャパン・ヘリテイジ) 誇りを持とう。




  


Posted by のりちゃん at 00:13Comments(0)出来事