2008年02月04日

光と影の詩人

生協で注文していた本が届いた。切り絵画家の「藤城清治」さんの作品集です。

12月にお父ちゃんからもらった、誕生日祝いの「500円玉貯金」を使いました。

その昔、50年も前からのファンだと言ったら、信じてもらえないでしょうが、そうなんです。
「暮らしの手帖」に連載していた昔話の挿絵が、この藤城さんの作品でした。
毎月届く本誌の中のこのページを、母が寝る前に読み聞かせしてくれました。
姉妹3人と母とで、ひとつ布団に納まって、このモノクロの切り絵を楽しみました。

大人になってからは、邱永漢氏の中央公論での「西遊記」の挿絵や、
花森安治さんが故人になられた後の「暮らしの手帖」表紙に触れていた。


初めて見るお姿です。こんな人だったんだ。      懐かしいモノトーンの作品です。    


同じカテゴリー()の記事画像
花ござピンポン
竹中さんのミュージアム
癒しのお手玉
参加賞
花束を花器に活け直す
メガ・ジャングルジム
同じカテゴリー()の記事
 花ござピンポン (2018-11-30 22:42)
 竹中さんのミュージアム (2018-11-12 23:03)
 癒しのお手玉 (2018-10-26 22:31)
 参加賞 (2018-10-19 01:09)
 アナログ・マシーン (2018-10-07 23:52)
 花束を花器に活け直す (2018-10-05 00:26)

Posted by のりちゃん at 23:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。