2008年02月08日

無駄口ことば

読売新聞の朝刊の「編集手帳」の受け売りです。

「唐傘屋の小僧で骨を折ってしかられた」
=良かれと思って尽力したのに逆にとがめられた

「貧乏稲荷で取りえ(鳥居)がない」
=長所が見つからないとき

「曲がった松の木で走らにゃ(柱にゃ)ならねえ」
=急用が出来た時

「座敷のちり取りで内輪(団扇)で済ます」
=簡素な祝い事

「猿の小便で、ちと気(木)にかかる」
=気にかかる事がある時

何と粋な!作った人も、使っていた人も粋。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
ダブル忘年会
猪鹿との戦い
花つながり
小学生のおもてなし
食の祭り
懐かしい街へ
同じカテゴリー(出来事)の記事
 ダブル忘年会 (2018-12-03 23:08)
 猪鹿との戦い (2018-11-30 22:53)
 花つながり (2018-11-30 22:46)
 小学生のおもてなし (2018-11-30 22:43)
 食の祭り (2018-11-25 22:57)
 懐かしい街へ (2018-11-12 23:06)

Posted by のりちゃん at 00:23│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。