2014年11月24日

和歌浦を愛す人たち

お掃除の後、和歌浦がらみのイベントがあるからと「県公館」の展示を見に行った。
一時は一般に売られる危機だったこの場所、今は庭の松など植木の手入れも行き届いていて、
建物と後ろの小山との調和が美しい庭園に戻っていた。

書画や絵手紙、粘土細工の作品が並び、お箏の演奏とお舟歌の披露があった。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 23:42│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。