2015年12月30日

下駄問答

家の内外の掃除も済んだ。日頃行き届かない細かい所も納得の仕上がり。後はお節料理で終わり。
おっと、手に入れ損なっている物がひとつある。年中裸足で履いている「お父ちゃんの下駄」

和歌浦明光通りの履物店は数年前に閉めた。その後の新和歌浦の店も去年が最後の1足だった。
ネットで探しても良いけれど、地元のお店で手に取って買いたい。そうだ七曲市場にはあるかも?
やっと見つけたお店には最後の1つがあったが、白い鼻緒が付けてある。
大将に挿げ替えてもらう30分、奥様から履物店の歴史をあれこれ聞く。中身の濃い下駄になった。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 23:36│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。