2008年05月16日

酢味噌で茗荷

仕事がらみで週1度は訪れる「清水町」。主人に頼んでパンと野菜を調達してもらった。

数種の野菜の内、これは「茗荷の茎」。皮を剥きながら、酢味噌でかじる。いけますよ。


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
紫色の豆ご飯
金沢の細工菓子
佐々木蔵之介の実家のお酒
いつまで?
面白ラーメン
紅芯大根
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 紫色の豆ご飯 (2019-01-10 00:13)
 金沢の細工菓子 (2019-01-05 00:28)
 佐々木蔵之介の実家のお酒 (2019-01-01 23:42)
 いつまで? (2019-01-01 23:23)
 面白ラーメン (2018-12-25 00:18)
 紅芯大根 (2018-12-24 00:38)

Posted by のりちゃん at 23:32│Comments(4)食べ物
この記事へのコメント
味はミョウガの味なんでしょうねぇ。
茎も食べるんだ!知らなかった!
ノビルに酢味噌のような感覚ですか?
Posted by のりすけのりすけ at 2008年05月16日 23:52
茗荷の茎も食べられるって知らなかった
食べ方まで書いてくれてるって うれしい心配りですねぇ
Posted by おかちゃんおかちゃん at 2008年05月17日 00:59
のりすけさん♪

全く同じですよ。茎も食べるなんて私も初体験です。
ノビルはラッキョウに近い味だから、少し違いますね。
あの「物忘れしたくなる」茗荷の味です。
Posted by のりちゃん at 2008年05月18日 01:27
おかちゃん♪

はい、私も初体験でした。
ひとこと書いてくれていると、助かります。
ほんと、嬉しいですね。
Posted by のりちゃん at 2008年05月18日 01:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。