2017年04月02日

もっちもち~

桜がらみのイベントがある、近くの神社のお餅つきの「餅まるめ」に行かせてもらう。
30kgの米を蒸して、石臼と杵で搗く事7回。

杵で搗かせてもらい、手動の器具でちぎらせてもらい、丸めさせてももらった。全て初体験。
搗き立てのお餅は、暖かくて柔らかくて弾力があって、何故か懐かしい感触がある。


面白くて夢中でやっていたら、いつの間にやらお昼時。粕汁とおにぎりの振る舞いが嬉しい。

続くイベントで、お箏と尺八の演奏を聞いて、「和歌祭唐舩御船歌奉納」も、初めて聞いた。

良く響く力強い声を先導に、太鼓やほら貝の伴奏で歌われる船歌、良い物を聞かせてもらったよ。




同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 23:57│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。