2017年12月24日

餅つきに参加

近くのお寺で餅つきがあるから、と言うお誘いメールがあって、朝9時に出向いた。
参加下さいと言う言葉が気に係っていた。もてなす側なのか?受ける側なのか?

どうやら、お餅を丸めてパック詰めする役らしい。慌てて割烹着を取りに帰った。

最初に搗いた餅は、寺のお供え用の鏡餅2組。柔らかいから腰高にしておかないと薄くなってしまう。
結構難しい技だと言う。扇風機の風をあてながら、静かに冷ます。

賃搗き餅を8年もしていたと言うベテランさんを見習いながら、小餅を作る事2時間。
温かくて柔らかい搗き立て餅は感触がとても良い。大根おろしにポン酢で食べて満足。



同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 00:51│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。