2018年02月18日

子犬2匹

キャンキャンと言う鳴き声が聞こえる。さては例の8匹の子犬かも?と走って見に行った。

作業をしている仲間の足元で、2匹がじゃれ合っていた。近寄ると手袋に噛みついてくる。

何とタフなんだろう。お互いをかみ合ったり転げまわったり、ずっと動き続けている。

母犬や兄弟はどうしたのだろう?2匹だけでいるけれど生きていけるのだろうか?
エサをやっている小父さんがいるらしいし、痩せてはいないから大丈夫なのかな?

どこかに引き取られて、安泰に暮らしてほしいと願うが、無理なのかもしれないな。




同じカテゴリー(出来事)の記事画像
お天守茶屋
介護犬
集う
山から海へ
ずっと定番
メダカがやって来た
同じカテゴリー(出来事)の記事
 お天守茶屋 (2018-06-21 00:55)
 介護犬 (2018-06-17 22:29)
 集う (2018-06-05 21:48)
 山から海へ (2018-05-11 22:30)
 ずっと定番 (2018-05-02 22:53)
 メダカがやって来た (2018-05-02 22:46)

Posted by のりちゃん at 22:57│Comments(4)出来事
この記事へのコメント
この間私が見た子犬に間違いありません!

でも、一匹が遠く離れれば鳴いて呼びあって皆で固まっていたのに2匹になっているなんて…
他の子達はどこにいったんでしょうね。

やっぱり、どうにか連れて帰れなかったものかとずっともやもやしています。

見捨てた者がとやかと言える立場ではないですが、どうにか助かりますように。
Posted by 度々失礼します at 2018年02月21日 06:43
度々失礼しますさん♪

そうですよ。8匹居るけれど、親についているのは6匹、
2匹は岬で無邪気に遊んでいました。コロコロと太っているから、
しっかり食べているのでしょうね、少し安心です。
でも半年経てば野犬になって、市の車に追い回される立場になります。
それまでに、貰い手があれば良いのですが・・
なかなか難しいのです。
Posted by のりちゃんのりちゃん at 2018年02月21日 23:52
ご無沙汰しています。
犬のもらい手 探しにジモティというサイトを
使ったら引き受けてくれる方が見つかった
ことが ありました。
水軒口から塩屋へ抜ける道が拡張される
前に、両側の家が立ち退きました。その
うちの一軒の家にいたシーズーは引越し
先では飼えないため 飼い主が「山の中に
置き去りにする」というのでジモティに出しました。
犬の民生委員の方が獣医さんを紹介してくれて
ジモティを見た新しい飼い主さんの所へ行けました。
Posted by 伝兵衛伝兵衛 at 2018年02月27日 21:02
伝兵衛さん♪

お知らせをありがとうございました。
ジモティを初めて見ました。
色々な物の譲渡や取引が行われているサイトですね。

犬や猫の「貰って下さい」のコーナーも見て回りました。
今までは、リビング新聞などでやりとりしていた事が
ネットで素早い情報が行き来しているのに驚きました。

今朝もトンガ岬を訪れたところ、例の子犬と一緒に居る
小父さんを見かけました。エサを与えていたようです。
親犬が近くに居る時に子犬に近寄ると攻撃されるそうですが、
餌付けしている小父さんには懐いているようです。

予防接種も去勢も何もしていない、素のままの野良犬の子供です。
どう対処して良いやらと悩むところでいます。
Posted by のりちゃんのりちゃん at 2018年02月28日 00:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。