2018年03月02日

台風の後始末

去年の台風で、流され吹き寄せられた膨大なゴミが、雑賀崎の浜に積み上がったままでいる。
静かなプライベートビーチと言われてきた「なだの浜」・・・この惨状を解決しなくては。

日々、地元の人が少しづつ片付けてはいるが、とても及ばない。

先日、有志が集まって大掃除をした。これからは2週間おきに3度の掃除をする予定。

多くは流木や木切れ、その間にペットや缶。    大木はチェーンソーで切る。

細かい木切れはまとめて運ぶ。           丸太を焚火に放り込む。

数カ所でたき火をして燃やしてしまう。       お芋を熾火に入れて休憩の焼芋ができた。





同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 00:26│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。