2018年03月18日

海の近くのミステリー

昨日に続いて今日も磯で海藻採り。明日からは雨だから、収穫のチャンスは今日限り。

ヒジキのじゅうたんの上に、刈り取った若布を積んでいく。

春だねぇ~、カエルの卵に似たアメフラシの卵が、そこここに一杯ある。

これが全部孵って無事に大きくなったら・・どうだろう?

海中から出てしまって口を閉じたイソギンチャク。不機嫌そうに見えるなぁ。

岩に沿って何十個も並んでいるのは見もので、つついて回っていたずらした。

雑賀崎の港に戻ると、漁に出ていた船が2、3隻戻って来ていた。
丸鯵1尾100円・特大ホウボウが500円。ハゲやカレイやクチもあって欲しい魚ばかり。

規則がある。3時までは売り買いが出来ないとあって、今日は諦めて帰る。

桟橋に置いてあった変形のカゴ。多分カニを獲るのだろうね。

十数年来、度々訪れているのに、いつも新しい発見があるなぁ。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
介護犬
集う
山から海へ
ずっと定番
メダカがやって来た
春の大潮
同じカテゴリー(出来事)の記事
 介護犬 (2018-06-17 22:29)
 集う (2018-06-05 21:48)
 山から海へ (2018-05-11 22:30)
 ずっと定番 (2018-05-02 22:53)
 メダカがやって来た (2018-05-02 22:46)
 春の大潮 (2018-04-18 23:04)

Posted by のりちゃん at 23:35│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。