2018年06月02日

ウメエダシャクガ=梅枝尺蛾

枝垂れ桃の木から、、蛹から一斉に羽化したのだろう、黒い蛾が湧き出てくるように見えた。

飛び方が儚げで、カタカナで書くとヘラヘラヘラ~ってな感じ。しかも飛び続けて停まらない。
花にも葉にも停まらずに、相手を探し当てると、くっついて2匹一緒にじっと動かない。

幼虫も黒地に白と黄色の同じ模様だった。蛹もそのまま。

スズメガは口が無いと言う。羽化してから死ぬまで何も食べない。この蛾もだろうか。


同じカテゴリー(花と虫)の記事画像
赤い実いろいろ
きのこの山
最後までご用心
ネギかタマネギか?
なぜ鳴くの
地中で待機
同じカテゴリー(花と虫)の記事
 赤い実いろいろ (2018-10-15 00:31)
 きのこの山 (2018-10-15 00:24)
 最後までご用心 (2018-10-09 00:14)
 ネギかタマネギか? (2018-10-09 00:03)
 なぜ鳴くの (2018-09-28 22:37)
 地中で待機 (2018-09-18 23:45)

Posted by のりちゃん at 22:04│Comments(0)花と虫
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。