2018年10月07日

アナログ・マシーン

35年ほど前に買ったミシン。当時はべらぼうに高かったからローンを組んで手に入れた。
自分と娘と主人の着る物、家の中で必要な布が素材の物は、ほとんど自分で作ってきた。
そのミシンの調子が悪い。買い替える気は無いが、修理を頼んできた人はもういない。

どうしよう・・・説明書をじっくり読み直すと、分解して手入れが出来るとあった。
ネジを外して部品を取り出して、ブラシや布で汚れを落とす。結構な汚れが溜まっていた。

さてさて、仕上がりはどうだろう。試運転をしてみると、軽やかな音と共に美しい運針目が出た。
な~んだ、手入れが悪かっただけだった。基本の作りは、カムやレバーやバネを使うアナロク仕様。
邪魔する汚れを取り除けば快適に動いてくれる。後10年働いて下さいね。


同じカテゴリー()の記事画像
スタッフ参加賞
花束を花器に活け直す
メガ・ジャングルジム
作ってはみたものの
メダカの卵の床
スタッフカード
同じカテゴリー()の記事
 スタッフ参加賞 (2018-10-19 01:09)
 花束を花器に活け直す (2018-10-05 00:26)
 メガ・ジャングルジム (2018-10-05 00:13)
 作ってはみたものの (2018-10-01 23:42)
 メダカの卵の床 (2018-09-25 22:47)
 スタッフカード (2018-08-31 22:53)

Posted by のりちゃん at 23:52│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。