2008年12月27日

かぐやひめ

切り口も真新しい青竹が届いた。

「お正月の花器にどうかなと・・」

竹林のある山を整備している彼。

以前は横長のそうめん用の器と、

汁を入れる湯呑型の器を二組

作ってくれた。

バケツで待機している花材は、

青松・水仙・紅白の葉ぼたん。

庭の千両は赤。もうひと色、

友人宅でいただくつもりの橙色。

これだけ活けるには小ぶりだな。

水仙だけなら似合いそう。

寒椿でも良さそう。

「かぐや姫」ならもっと良いかも。









同じカテゴリー()の記事画像
ご用心茶
鯉の妹
もうひと働き
密かに生き延びるサンゴ
シェア自転車
野菜のクレヨン
同じカテゴリー()の記事
 ご用心茶 (2018-06-28 19:57)
 鯉の妹 (2018-06-28 19:56)
 もうひと働き (2018-05-26 23:06)
 密かに生き延びるサンゴ (2018-04-05 00:24)
 シェア自転車 (2018-03-30 00:28)
 野菜のクレヨン (2018-03-19 23:53)

Posted by のりちゃん at 23:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。