2009年02月08日

タンポポとシジュウカラ

「いきものみっけ」というシンポジウムに参加した。会場は志学館。
身近にいる生き物の変化を感じて、地球温暖化を考えよう。というテーマ。
知り合いが出ているし、時間の都合もついたから、という単純な動機で出向く。

6人の専門家が、調査の報告や観察の記録を、写真やグラフで説明された。
セイヨウタンポポが、在来種のカンサイタンポポを席巻し続けている。
でも和歌山県はその比率が小さい。反対に海岸線の生物は大幅に枯れてきている。

ビオトープ孟子での鳥の観察の話が、特に興味深かった。
人が集まるすぐそばで産卵し、ヒナを育てるシジュウカラの親子に、
大勢の訪問者があるのに、2か月間誰も気付かない・・
生き物の動きや変化を、感じ取れなくなっているのだろうかと問いかける。



同じカテゴリー(出来事)の記事画像
古希 6/28
女子会
お天守茶屋
介護犬
集う
山から海へ
同じカテゴリー(出来事)の記事
 古希 6/28 (2018-07-02 22:16)
 女子会 (2018-06-23 22:48)
 お天守茶屋 (2018-06-21 00:55)
 介護犬 (2018-06-17 22:29)
 集う (2018-06-05 21:48)
 山から海へ (2018-05-11 22:30)

Posted by のりちゃん at 23:41│Comments(2)出来事
この記事へのコメント
関西タンポポ少なくなりましたねぇ~
昨年近所でひと群れ見つけて写真に・・・
3月だったか 高知へ行くと南国のあたりであぜ道にずーっと咲いていて
なんだか 懐かしくて嬉しくなってしまいました。
Posted by kuwatyann at 2009年02月09日 23:51
kuwatyannさん♪

あなたの日記は、そのまま「ポエム」ですね。
自然に美しい、気になる物が勢揃いしています。

はい、「カンサイタンポポ」は、私も3年前に確認したきりでいます。
噂によれば、徳島には「白いタンポポ」が当たり前に咲いているとか・・

このタンポポの発表は、県立自然博物館学芸員さんのNさんです。
彼女は徳島の出身だそうで、実家周辺は白タンポポの世界だったと、
言ってました。
Posted by のりちゃん at 2009年02月11日 00:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。