2009年04月14日

還元焼き

径23cmの平皿2枚、作っていただきました。写真と実際の色は少し違うけれど、
珊瑚礁の海の緑~燻し銀の様な焦げ茶まで、色の変化に富んだ落ち着いた風合いです。
夕食のなんでもない豚の生姜焼きが、ワンランクアップして見えてしまう。

「還元焼き」と言うそうで、窯で焼く最後の2時間を蒸し焼きにすると、色の変化がでるらしい。
黄色い食材が似合いそうだから、出し巻き卵やびわやりんごも盛りつけてみよう。


同じカテゴリー()の記事画像
参加賞
花束を花器に活け直す
メガ・ジャングルジム
作ってはみたものの
メダカの卵の床
スタッフカード
同じカテゴリー()の記事
 参加賞 (2018-10-19 01:09)
 アナログ・マシーン (2018-10-07 23:52)
 花束を花器に活け直す (2018-10-05 00:26)
 メガ・ジャングルジム (2018-10-05 00:13)
 作ってはみたものの (2018-10-01 23:42)
 メダカの卵の床 (2018-09-25 22:47)

Posted by のりちゃん at 23:57│Comments(4)
この記事へのコメント
写真アップ、ありがとうございます。

おもしろい色に焼き上がりました。
ほんまにおいしそうに見えますね。
よろしくー。
Posted by 植松淳平 at 2009年04月15日 18:05
植松淳平さん♪

実際の色の具合が、写真では表現できていませんが、
実物はホンに良い色合いで、お料理が引き立ちますね。
《器は使ってなんぼのモン。》と思っておりますから、
使い勝手の良い、貴方の作品が好きです。
Posted by のりちゃんのりちゃん at 2009年04月16日 00:51
ほんまに素敵な器ですネ〜
お料理、何乗せようってワクワクしますね〜淳平さんの作品ステキですネ〜
Posted by 梓ママ at 2009年04月16日 08:41
梓ママ♪

夕日を見る会の模擬店で作品を販売されるので、
半年ごとに大皿、中鉢、碗と分けてもらってきています。
つわぶきを盛り付けた肌色の中鉢も彼の作品ですよ。
梓さんも作ってもらえそうですね。
Posted by のりちゃん at 2009年04月16日 09:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。