2009年05月17日

5/16(土) 徳島入り

WOYC(和歌山オーシャンヨットクラブ)と、TYC(徳島ヨットクラブ)との親睦レースがある。
実に33年も続いているそうな。今年で3年目の私も、前日から徳島入りです。

徳島港から河口をさかのぼって係留場所の「ケンチョピア」へ向かう。左手に県庁、正面に眉山。


河口で出会った「南海フェリー」          対岸には別のフェリーが・・九州行かな?


係留後、スーパーへ買い出し、銭湯でお風呂、そして両クラブの前夜祭へと向かう。
「沖洲マリンターミナル」2階のドーナッツ形の会場は、内側の階段からみると不思議な景色。

1階に置いてあった緑の顔の人形は、

言わずと知れた特産品すだちのキャラクター。

2ツの大鍋で何度も煮てもらい、3回もお代りして

食べたスキヤキは、すでにすっからかん。





同じカテゴリー(アウトドア)の記事画像
お魚ハンター
短足ポニーとヒップアップ牛
霧ヶ峰~美ヶ原
夏の金剛山
セーリング日和
オブジェ
同じカテゴリー(アウトドア)の記事
 お魚ハンター (2018-08-17 23:06)
 短足ポニーとヒップアップ牛 (2018-08-06 22:51)
 霧ヶ峰~美ヶ原 (2018-08-06 22:34)
 夏の金剛山 (2018-07-02 22:39)
 セーリング日和 (2018-06-10 00:56)
 オブジェ (2018-06-05 21:43)

この記事へのコメント
さすが、のりちゃん。まめに撮ってますね。
徳島新町川を街中に進んで行くと、見えてくるケンチョビアと眉山、綺麗ですよね。徳島へは何回も行ってますが、未だ眉山には上ったことがありません。
飲む間はあるのですがね・・・。
前夜祭では、少々、飲み足らず、食べ足らずで、あの後、徳島の大繁華街へ、和歌山の比ではありません。お陰でレースは重度の二日酔い。やはり歳ですね。
Posted by wakeup@akira at 2009年05月19日 20:04
県庁の茶色の建物と、鉄塔の並んだ緑色の眉山、
その裾に集う白いヨットの群れの景色は、絵になりますね。
TYCの過去のHPで見かけた、瀬川氏のスケッチ画そのものです。
貴重な方を失いました。生前に1度で良いから言葉を交わしたかったです。

眉山へは2度訪れていますよ。
1回目は、二十歳の頃。勤め先の団体で阿波踊りに参加した時。
2回目は、3年前。チャリンコでフェリーに乗って、日帰りプチ旅行。

眉山ふもとの「阿波踊り会館」は見ごたえありましたよ。
阿波踊りの歴史や使ってきた品々、踊りの実演など盛り沢山です。

二日酔いと、嵐の船酔いとは、どちらがタダメージが大きかったのでしょう。
あのローリングとピッチングの最中、2時間のお休みとは大したモノです。
Posted by のりちゃん at 2009年05月20日 00:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。