2007年04月01日

お手玉級位認定基準

「ななこの会」という、和歌山のお手玉の会があります。
スプリング遊ingの展示の番をしていたら、声がかかりました。
「大人向きの検定があるから、挑戦してみましょうよ。」
10種ある基本の技の、簡単な方から順に制覇していって、
最後は3個のおてだまを、両手で20秒間投げ続けるというもの。
これが出来れば、3段合格のシールがもらえます。
でも何度試しても、15秒を過ぎると体がふらついて落してしまいます。
子供の頃ならかんたんだったのに、悔しいけれどもうできません。
「お家で練習してね。」と、4個2組のお手玉をいただきました。
この次のチャンスまでの宿題。シールはお預けです。

写真は世界のおてだまです。木の実や糸で作ったのがありました。



同じカテゴリー(出来事)の記事画像
お天守茶屋
介護犬
集う
山から海へ
ずっと定番
メダカがやって来た
同じカテゴリー(出来事)の記事
 お天守茶屋 (2018-06-21 00:55)
 介護犬 (2018-06-17 22:29)
 集う (2018-06-05 21:48)
 山から海へ (2018-05-11 22:30)
 ずっと定番 (2018-05-02 22:53)
 メダカがやって来た (2018-05-02 22:46)

Posted by のりちゃん at 23:32│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。