2010年09月12日

熊野古道 前半(藤白~宮原) 

ひと月前に夫婦で下見で歩いた「熊野古道」(海南藤白~紀伊宮原)の本番が今日。
今朝の、ドタ参加者も入れての14人で歩く。案内人はお父ちゃん。

JR海南駅で下車して、まずは「一の鳥居」~「祓戸(はらえど)王子」を巡る。

途中の石の地蔵さんには「トックリバチ」の、芸術品並の住みかが作られてあった。


海南市のシンボルマークは。市鳥「ホオジロ」 市花「サツキ」 市木「ヤマモモ」


ミカンの里を縫うように歩く今日の行程。摘果した小さいミカンだって美味しいのだ。

福勝寺の「裏見の滝」は、カラカラ天気のせいで水が無かった。
いつもならレースの様な滝の水を、裏から観賞できるはずなのに・・

「天狗の手形」のありかがやっと分かった。お相撲さんの手くらいはあるだろうか。


途中で見つけた「カラス瓜」。ずるずると引っ張るとこんなにも・・


同じカテゴリー(アウトドア)の記事画像
枯草の上を歩く
ポンポン山
いつも青空
つわぶきの里
摩耶山ハイキング
1等三角点
同じカテゴリー(アウトドア)の記事
 枯草の上を歩く (2018-12-09 23:32)
 ポンポン山 (2018-11-30 22:51)
 いつも青空 (2018-11-25 22:53)
 つわぶきの里 (2018-11-25 22:32)
 摩耶山ハイキング (2018-11-12 23:08)
 1等三角点 (2018-10-30 00:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。