2011年07月17日

何て魚

台風が近づいているから、全艇同じ時間に出港する事になった。
前も横も後も、お仲間ヨットが一緒に帆走っているのは、何だか嬉しい。
淡路島のサントピア港を8:35に出港して、和歌浦の港へ戻ってきたのは12:00。

艇の片付けをしながらも気になっていたのが、この木の葉の様なお魚。
係留ロープについている海藻をつつきながら、遊ぶように長居していた。


同じカテゴリー(アウトドア)の記事画像
セーリング日和
オブジェ
大台が原
穴子の町
野島断層
富島界隈
同じカテゴリー(アウトドア)の記事
 セーリング日和 (2018-06-10 00:56)
 オブジェ (2018-06-05 21:43)
 大台が原 (2018-06-05 21:40)
 穴子の町 (2018-05-05 23:00)
 野島断層 (2018-05-05 22:57)
 富島界隈 (2018-05-05 22:54)

この記事へのコメント
カワハギの一種でしょう。
Posted by ふくちゃん at 2011年07月20日 12:13
ふくちゃんさん♪

口が尖がっているからそうでしょうね。
ネットで調べてみても、同じ姿の写真を見つけられませんでした。
う~~ん、気になるなぁ。
Posted by のりちゃんのりちゃん at 2011年07月21日 00:25
カワハギ科の,ソウシハギかウスバハギでしょう。
多分,ソウシハギだと思いますが…
Posted by ふくちゃん at 2011年07月21日 12:48
ふくちゃん♪

ありがとうございました。ソウシハギで調べて分かりました。

市場での評価・取り扱われ方◆一般に食用とはしない
生息域◆相模湾以南。全世界の熱帯域。
大きさ◆50センチ近くになる
漢字◆「草紙剥」、「藻姿剥」。
由来◆「草紙剥」は「身体の文様が草紙(一度好き返した江戸時代などの再生紙)にいたずら書きしたように見えるため。
「藻姿剥」は「海にいるとき海藻のように見えて姿を隠しているため」

と、ありました。そうです、このお魚ですね。
Posted by のりちゃん at 2011年07月21日 23:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。