2011年11月07日

SHIMA SEIKI CUP

今年で9年目の「島精機カップ」=ヨットレースは2日続きで行う。
土曜は登録艇だけで3レースの予定が、風が無くて1レースだけだった。
2日目の日曜、白崎海岸沖までの往復コースに、45艇もが参加する。

でかいブイを積んで先行する運営ボート。

9:00のスタートに、ライン近くに集まる登録艇。

毎月のクラブレースでは、多くても20艇余りだから、45艇が集まる景色は壮観だ。


スタート間近でせめぎあって、ぶつからないようにと大声が飛び交う。

今日もまた風に恵まれ無かった。白崎往復どころか沖の島まで4時間もかかった。
レース短縮になり、沖の島でゴール。南下する海岸添いの景色は見ないまま。

夕方からの表彰式、私が乗せてもらっている艇はクラスⅡの2位。
ヨットをかたどった銀色の美しいトロフィーをいただいた。

参加賞は、島精機のホールガーメントのこのネックウォーマー。





同じカテゴリー(アウトドア)の記事画像
セーリング日和
オブジェ
大台が原
穴子の町
野島断層
富島界隈
同じカテゴリー(アウトドア)の記事
 セーリング日和 (2018-06-10 00:56)
 オブジェ (2018-06-05 21:43)
 大台が原 (2018-06-05 21:40)
 穴子の町 (2018-05-05 23:00)
 野島断層 (2018-05-05 22:57)
 富島界隈 (2018-05-05 22:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。