2011年11月26日

七夕かも

彼女とは、もうかれこれ30年来のお付き合いになる。続いているのは彼女の趣味のお陰。
毎年あるアートフラワーの作品発表会に出かけた。場所は和歌浦の県の公館。

彼女の作品の「ほおずき」


いつも演出が素晴らしい。柿渋で染めたような布にすり鉢。そして、透けるような生地のほおずき。


鈴蘭だろうか?茶室の入口の靴箱の上に活けてあった。



尺八の演奏を聞きながら、座敷の作品を眺める。これは桜。繊細な作りに感激する。



ひまわりの花も、良く見ると中央の種になる所が凝っている。花ごとに違った趣があった。


圧巻はこの「ツタのツリー」今回先生がテーマにしたと言う。
数人の生徒さん共同の作だ。2000枚以上の葉っぱの集合作品。

年に1後の出会いの場。もう1年も経ったのか・・と感慨深い。七夕さんみたいだ。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
お天守茶屋
介護犬
集う
山から海へ
ずっと定番
メダカがやって来た
同じカテゴリー(出来事)の記事
 お天守茶屋 (2018-06-21 00:55)
 介護犬 (2018-06-17 22:29)
 集う (2018-06-05 21:48)
 山から海へ (2018-05-11 22:30)
 ずっと定番 (2018-05-02 22:53)
 メダカがやって来た (2018-05-02 22:46)

Posted by のりちゃん at 23:52│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。