2012年01月13日

おせんの物語

雑賀崎漁港の、そのまた先の防波堤で、鯵を釣る知り合いの小父さん。
釣った小魚を道に投げた。おせんだからと言う。

その昔、この魚を食べて死んでしまった「おせん」さんが居た。
それで「おせん殺し」と呼ばれるようになった魚だと。骨が多いらしい。
道でジタバタしている内に、とんびがサッとさらっていった。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
ぶらぶら散歩
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
同じカテゴリー(出来事)の記事
 ぶらぶら散歩 (2018-09-25 22:41)
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)

Posted by のりちゃん at 00:22│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。