2012年07月27日

木馬座

その昔、母が寝る前に読み聞かせをしてくれていた「暮らしの手帳」のお伽話。挿絵が切り絵だった。
子供心に、魅力的な絵だと思って以来のファンでいる。「藤白清治」さんの作品。

作品展の情報は今までもあったけれど、遠くで行けなかった。今回初めて和歌山に来たという。
でも、版画にして枚数を刷って販売を目的にしていたのが、ちょっとがっかり。


同じカテゴリー()の記事画像
花ござピンポン
竹中さんのミュージアム
癒しのお手玉
参加賞
花束を花器に活け直す
メガ・ジャングルジム
同じカテゴリー()の記事
 花ござピンポン (2018-11-30 22:42)
 竹中さんのミュージアム (2018-11-12 23:03)
 癒しのお手玉 (2018-10-26 22:31)
 参加賞 (2018-10-19 01:09)
 アナログ・マシーン (2018-10-07 23:52)
 花束を花器に活け直す (2018-10-05 00:26)

Posted by のりちゃん at 23:56│Comments(2)
この記事へのコメント
なぜ販売が目的ではいけないのでしょう。
芸術家は作品で金銭を稼いではいけないのでしょうか。
そうだとするとどうやって食べていけばいいのでしょう。
Posted by 美術家 at 2012年07月28日 12:11
美術家さん♪

販売がいけないとは言っていません。
原画展だと思って見に行ったら違ったので「ちょっとがっかり」なのです。

ちなみに原画はとても寸法が大きくて、影絵にする為に裏から光を当てる
仕組みになっていて、厚みもかなりあるらしいです。
今年の秋には、那須(那須高原?)に常設の美術館も出来るらしいです。
(案内の方から聞きました。)
見に行ける場所では無いけれど、そんな場が出来るとは嬉しい知らせです。

今回は、クリアファイルと絵葉書を買い求めました。
以前にも通販で、画集とジグソーパズルを買っています。
少しは藤白さんに貢献しているでしょうか?

ヒロヤマガタさんのシルクスクリーンも好きですが、
彼の作品は何百枚と刷って、世界中に販売されています。
まだそれほど知られていなくて、人気で無かった30年も前に、
五万円台で買えたのに見送ったのが残念です。
Posted by のりちゃん at 2012年07月29日 00:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。