2012年09月21日

脇道で見つけたお宝

週に2度は往復で通る道、わき道に入るのが好きなのに、この道は初めてなのかも・・
不思議な工房があった。木工品が沢山見える。チャリンコを停めて眺めていると声がかかった。

中に入って話を聞く。予想した通り知り合いが通っていた教室だった。

木からお猿がぶら下がっている作品は、

持ち上げても、パーツが崩れない。

この組み方が彼のオリジナルでいる。

小椋氏が始めた細工を基礎にして、

独自の作法を見出してきたと言う。



棚に並ぶ作品の種類はとても豊富。
お馴染のキャラクターも多いが、著作権の関係で売らないとおっしゃる。




同じカテゴリー()の記事画像
メダカの卵の床
スタッフカード
組分けシール
シーブリーズ今昔
ベジシャキちゃん
ご用心茶
同じカテゴリー()の記事
 メダカの卵の床 (2018-09-25 22:47)
 スタッフカード (2018-08-31 22:53)
 組分けシール (2018-08-29 23:03)
 シーブリーズ今昔 (2018-08-18 22:35)
 ベジシャキちゃん (2018-08-12 21:53)
 ご用心茶 (2018-06-28 19:57)

Posted by のりちゃん at 23:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。