2013年10月21日

鮟鱇の日

3時過ぎ、たまたま居合わせた雑賀崎漁港。漁に出た船が帰ってきたところ。

友の姿を探して港を一周していて、「おや、鮟鱇だ。」と引き寄せられて買ってしまった。
後で聞いた話では、今秋初のアンコウの収穫だったとか・・1尾200円也×2をGET

グロテスクな鮟鱇の顔。でも美しい白い身はあんこう鍋で舌鼓。

ギザギザの歯に指を挟まれたり、捌くのに苦労したけれど、そのかいあって旨かった。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 23:45│Comments(2)出来事
この記事へのコメント
捌いてもらったでしょうか?
コモンちも4尾・・・鍋続くね。
Posted by コモンセンスコモンセンス at 2013年10月22日 08:09
小ぶりのアンコウだったから、1尾200円。
「二人所帯やけど・・」と言うと「一人1尾は食べるよ」
の声に、2尾買いました。

捌くのは難しかった。顔の周りの小肉もそいで、
結構たっぷりありました。お鍋が美味しかったです。
Posted by のりちゃん at 2013年10月22日 23:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。