2017年10月16日

あわせ

秋の味覚の柿のシーズンが到来。

先週から4度も頂いて、大喜びしているのは主人。
柿は主人の大好物で、毎日2個は食べている。

平核無柿(ひらたねなしがき)や、禅寺丸ぜんじまる)
腰高の蜂屋柿(はちやがき)と言うのもある。

渋柿だけれどアルコールや炭酸で渋抜きをしてあって、
柔らか過ぎずでいて甘く、あわせと呼ばれている。

渋みが甘みに変化して「渋柿」→「甘柿」となるかのように誤解されがちですが、そうではありません。
糖質の量はほとんど変わらず、タンニンもそのまま。ただ、渋みを感じなくなるだけなのです。
http://www.maruka-ishikawa.co.jp/fruits/items002/hiratane.htm





同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
ぎりぎりセーフ
あられ
節分の豆とお餅
12万分の1本
小学校の給食
福を授かろう
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 ぎりぎりセーフ (2018-02-14 23:55)
 あられ (2018-02-14 23:45)
 節分の豆とお餅 (2018-02-03 23:37)
 12万分の1本 (2018-02-03 23:21)
 小学校の給食 (2018-01-19 23:58)
 福を授かろう (2018-01-18 00:37)

Posted by のりちゃん at 23:32│Comments(0)食べ物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。