2017年06月18日

ルールブックを片手に

障害者の卓球大会は、6月に和歌山が、12月に和歌山が行う。募集は西日本全域。
生憎他の行事と重なった為、今年は参加選手が少ないが、審判とオープン戦で参加する。

普段のおばさん卓球の試合とは様子が違う。全国大会に出ている選手もおられるから、
正式の手順や言葉や合図で対応しなければいけない。緊張の一日。
トラの巻の本を頼りに、慣れない英語の言葉で数ゲームの審判ををこなす。あぁ~疲れた。
  


Posted by のりちゃん at 23:40Comments(0)スポーツ

2017年05月28日

60個のメダル

卓球の障害者の試合が、大小取り混ぜて、和歌山市内で年間6回程ある。
場所は、県立体育館や河南体育館、今日は琴の浦リハビリセンター体育館で。

私の所属している卓球クラブのメンバーが、その審判役を務める事が多く、9人が参加した。

障害の種類は多く、細かく分かれてする試合だから、各種目の選手人数は少ない。
だから1、2、3位のメダルがこんなにも沢山。参加者の8割は貰って帰れるはず。

今日の試合に出ると、近畿大会・全国大会・はてはパラリンピックに参加する資格も出来る。
県大会だから、遠方の白浜、新宮から来る選手も多い。皆さん遠路お疲れさまでした。

  


Posted by のりちゃん at 23:40Comments(0)スポーツ

2017年04月24日

舵杯

ヨット愛好家が読む月刊誌「KAZI=舵」主催のレース、舵杯が和歌浦湾で開催された。

参加54艇が、和歌山マリーナーシティの一文字堤防前に集まる。スタートは9時15分。

コースは、マリーナ沖スタート~片男波沖のブイ~双子島の遥か沖のブイ、

沖ノ島手前のブイも回り、マリーナ沖に戻る、和歌浦湾を大きく三角に回るコース。

フライイング艇が多くて、やり直しのスタートが3回目で、やっとレースが始まった。

近畿・中国・四国一円の艇が競い合う、ハイレベルなレースだから、どの艇も速い速い。

ダントツのトップは和歌山の艇。メインセールもジブセールもスピネーカーも全て黒一色。

54艇参加の中、私が乗せて貰った艇は、着順17位、修正順位18位。
北北西の風が強くて、とても寒くてずっと震えながらの3時間だった。
しかし、めったと無い大きなレースに参加させてもらえて、良い経験だったなぁ。

舵杯レース・・・http://kazicup.com/
  


Posted by のりちゃん at 00:22Comments(0)スポーツ

2016年11月03日

鼻セレブ

沢山したなぁ、10試合もなんて滅多に無い。午前2時間、午後は2時間半かけてリーグ戦。
主に障害者が集う卓球クラブの、親睦試合に参加させてもらった。

様々な球質と、個性ある試合運びに、翻弄させられながら、8勝2敗はまずまずだろうか?
参加賞は半年前と同じ。ウサギさんマークのセレブ仕様のティッシュだった。
  


Posted by のりちゃん at 23:36Comments(0)スポーツ

2016年08月01日

岩手遠征

小5の孫は空手をたしなむ。

おお!大したもんだよ。

岡山県の新見市から、

遠路はるばる東北の、

岩手県の盛岡市までも、

遠征に行ったとは。

は1回戦負け、

組手は3回戦負け、だと。

しかし、全国大会出場だ。

良い経験になっただろうね。

私の人生を振り返る。

遠征なんて無かったよ。

試合と言えば、大概が

片道30分の体育館。

一番遠くて白浜程度。

遠征って言葉に憧れる。







  


Posted by のりちゃん at 23:23Comments(4)スポーツ

2016年07月28日

水芸

スイミングクラブでひとしきり泳いだ後、友の通う別のジムのプールを訪問。

「シンクロナイズドスイミング」の発表会がある。半年練習した成果を見せてもらった。

2作品目は、反対に持った2ツのメガホンから、曲に合わせて水柱上げる水芸。

これは面白い。100均で買って来て孫とプールで水かけっこしよう。
  


Posted by のりちゃん at 23:29Comments(0)スポーツ

2016年06月20日

卓球ショー

毎年2回ある「障害者卓球大会」

和歌山主催の6月は河南体育館で。
和歌山主催の12月は県立体育館で。

市内の各卓球クラブからは、
運営や審判やサポートに人数を出す。
私も、かなりの回数を審判で参加してきた。
(審判だと、お弁当が支給されるのが嬉しい)

パラリンピックの出場選手も来るハイレベル。
激しいラリーの応報に、汗を握る思いをし、
ハッとする技を見ては、夢中での拍手。
素晴らしいスポーツだと、再確認してきた。

後半は障害者と健常者混ぜてのオープン戦。
今回は女子の参加が少なかったせいか、
予想外の「敢闘賞」をいただいた。
たった2回勝ち進んだだけなのに、恐縮至極。

華麗とも言える様々な瞬間を見せてもらった。
「卓球ショー」と言ってよいかもしれないな。








  


Posted by のりちゃん at 00:03Comments(0)スポーツ

2016年06月18日

フィッティング(艤装)に迷う

シーズン2回目のディンギーヨットの自主トレ。青空に鱗雲なんて9月のような空と、真夏の日差し。

風は1~2mと残念な微風。頬にかすかに感じる風を、逃がさないように、静かに丁寧に帆走る。

バラバラの部品をロープで組み立てて乗るヨット。ざっと10種類を引いたり、通したり、結んだり。

合理的な方法が見つかる度に変更になるから、覚えの悪い中高年は毎度戸惑うのだ。


  


Posted by のりちゃん at 23:31Comments(0)スポーツ

2015年12月26日

豚汁に憩う

50mを1分持ちで   60回 3000m
50mを1分15秒なら 50回 2500m  スイミングクラブの最後の練習日は力だめし。
昔ならともかく、今は体力気力が無い。10本だけ参加して普段の練習に戻る。合計1000mぽっち。

シャワーを浴びて、サウナで暖まって、着替えて、振る舞い豚汁を頂く。来年こそはと思いながら。
  


Posted by のりちゃん at 23:57Comments(0)スポーツ

2015年11月06日

11/1 島精機カップ

大阪湾周辺のクラブに声掛けして、50艇がエントリーする一大ヨットレースは、
和歌浦湾を1周してから、白崎海岸沖までの往復がコースとなる。

ワカヤママリーナを8:15に出発、帰り着いたのが5:15。なんと9時間も、
冷たい北風の吹き晒す甲板で斜めに座っていた。よう風邪ひかなかったもんだ。

リミットにゴール出来なかったから失格だと諦めていたのに、驚きの3位、やったね!
  


Posted by のりちゃん at 00:27Comments(0)スポーツ

2015年09月12日

和歌山勢

国体セーリングの競技は5機種あって、男女と成年少年で分かれて全10種目。
成年 男子 470級         成年 女子 セーリングスピリッツ
成年 男子 ウインドサーフィン  成年 女子 ウインドサーフィン
成年 男子 レーザー級       成年 女子 レーサーラジアル級
少年 男子 レーザーラジアル級 少年 女子 レーザーラジアル級
少年 男子 420級         少年 女子 420級

成年男子レーザー級の出艇  仲間の応援に手を振る選手


少年男子420級(星林高校・7月の世界選手権で優勝)  レース後に艇を洗う


遠くで分らなかったが470級か420級 3枚目の帆はカラフルで海上に風船が並ぶよう


成年女子ウインドサーフィンのスタート前  片男波海岸前だから陸からも良く見えるはず


和歌山は総合1位になった 成年女子セーリングスピリッツ級  体を出した帆走が力強い


少年男子420級 レース海面に集合するところ ハイキングアウトと言うスタイルが格好良い   

少年男子レーザーラジアル級2位  同じく女子7位が決定した。
  


Posted by のりちゃん at 23:47Comments(2)スポーツ

2015年09月11日

国体セーリング2日目

陽ざしは暑いが北風がひんやり涼しい初秋の今日。しかしこの空の色と雲は7月の気分。

国体セーリング2日目も各2レースが行われる。

青年男子470級のスタート後。ヨットの470級と言えば、車で例えるとレースカーで速い。

行儀よく1列に並ぶレース艇。風上に帆走る時は前が有利だから、デッドヒートにはならない。

レースは沖合でするから陸からは見えない。だから観覧艇を1日3便出している。

和歌浦漁港の「やぶ新」の遊覧船くじら号が、30人限定500円で運航する。

普段は人気の少ない海沿いの公園が、選手村に変貌してシャワールームや売店も立つ。

各県応援の横断幕が面白い。目いっぱいのご当地言葉が力強い。
  


Posted by のりちゃん at 23:50Comments(0)スポーツ

2015年09月10日

国体セーリング

今日から5機種、10種目のレースが始まった。4日間で各6レースをこなす選手達。

出艇スロープでは、仲間の応援の声かけや手拍子で賑やか。

狭い水路を通り抜けて、次々と湾に繰り出して行く選手達。

(一人乗りディンギー、レーザー成年の部)

和歌浦湾をA海面とB海面に、大きく2つに分けて行われるレース。

本日のB海面は、浜の宮・片男波沖だから、防波堤からも見える近さ。

担当部署は「運航・通信部」
朝一番の氷入りクーラーBOXの準備・運営艇のガソリン入れ・ボートの移動(男性陣)
物品の貸し出し・ボートで海上の船へお昼弁当配布・戻った物品の整理。
自分たちもお昼を済ませると、後はしばらく暇になる。

3時頃、小型の高速ボートでレース観戦にと連れてもらった。

レーザー成年の部のスタート前。1列に並ぶ様がきれい。

スタートを2回もやり直した後、やっとレースが始まった。

高速のゴムボートの審判艇が並んで走る。

全ての種目で和歌山は成績が良い。少年の部では2レース後の成績が男女共1位。

成年の部レース、中央右寄りが和歌山。良い位置にいるのでは?
  


Posted by のりちゃん at 23:49Comments(0)スポーツ

2015年09月09日

18号台風一過

開会式に先駆けて始まっている競技がある。セーリングも10日から10種のレースがスタートする。
前日の今日は、予定していた昼からの練習レースが、台風上陸の危険の為中止になった。
7・8日で準備を済ませていたのに全て解除して、また1からやり直しの段取りとなったそうな。

セーリングセンターのヤードに並ぶボート。二人乗りディンギーが停めてある。
左は各県支援のゴムボート。愛媛の柑橘キャラ「みきゃん」のマークもあったな。

運営担当のボートだけでも50艇以上ある。ヨットに漁船に、高速のモーターボート、ゴムボート。

ヤマハからの借り物だと言う2艇は、新作のレスキュー艇で、1000万円もすると言う噂。
素早く救助が出来るようにと、前後左右と旋回も出来て後ろにスロープもある優れもの。

女性の出番のない今日の仕事、お昼のお弁当だけは一人前に頂いた。

和歌山の風景が印刷してある容れ物は、会議で検討したデザインになったらしい。
(紀三井寺・片男波海岸・友が島・和歌山城御橋廊下・セーリングセンター)

午後には選手達がやって来て、明日のレースの準備を始める。

マストを立てて、ロープを整えて、細かい調整もして、後はセールを付けるだけに。

明日からのレースが楽しみだ。しかし陸上担当のスタッフだから観覧するのは無理かも。
スマホでレース実況を見よう。和歌山代表は、全ての種目で優勢なのだ。
  


Posted by のりちゃん at 23:10Comments(0)スポーツ

2015年07月22日

完璧なタイムテーブル

卓球教室に通う仲間の親睦試合に、ダブルスで参加した。年に1度で今年が2回目の事。

  ダブルス16組を2ブロックに分けての総当たりが、予選リーグで7試合。
  各ブロックの1・2位、3・4位・・4チームづつでの決勝リーグが3試合。
  3時間で全員10試合も出来る早業は、試合のタイムテーブルの完璧な組み具合。

準備して頂いた幹事さんに感謝。そして、予選2位でも決勝全勝で優勝できた相方にも感謝。

  


Posted by のりちゃん at 23:26Comments(0)スポーツ

2015年06月14日

体に優しく

ディンギーヨットの今年2回目のトレーニングで、淡輪海洋センターへいそいそと出向く。
少し曇り空が良い。風はAM1~2mと微風、PM4~8mでシフトとブロウ有りの荒れ模様。

1人乗りが10艇、2人乗りが4艇。こんなに出揃うのは何年ぶりかと職員さんも感激していた。
「体に優しいセーリング」を心がける今日この頃。無理をしなかったのに、沈(落水)してしまった。
  


Posted by のりちゃん at 23:52Comments(0)スポーツ

2015年06月14日

6/7 アゼリアレース

「アゼリア」と言えば和歌山市の花サザンカ。その花の名を冠したヨットレースが毎年6月にある。
和歌浦湾で、風上と風下の2ツのマークを2周回るレースを2回した。(ソーセージレースと言う)

大学生2人が助っ人に来てくれたから、平均年齢は低い。1レース目…3位 2レース目…1位
なのにハンディ計算で、なんと最下位の6位とはあんまりだ。このシステムを変えてほしい。

  


Posted by のりちゃん at 23:30Comments(0)スポーツ

2014年12月12日

お餅ゲット

恒例の「忘年卓球ゲーム大会」に、今年もクラブメンバーがほぼ出揃った。
賞品はお正月に備えての食品というところが、主婦チームのこころよさ。1位もビリも大して変わらない。

3セット×6試合しての合計得点で12位。獲得した賞品のお餅は主人の好物。

  


Posted by のりちゃん at 12:27Comments(0)スポーツ

2014年11月30日

小春日和

10月で終わったはずのディンギーの練習だけれど、レースは寒くたってお構いなしに通年あるという。
仲間内のレースの観戦に淡輪へ。11月末にしては気味の悪い位の暖かい日和に感謝。

生憎の微風での4レースが厳しい。風のある場所に曳航で移動する。

運営船に乗り込んで、信号旗の上げ下げを手伝いながら、写真や動画を撮る。

船上から見ると、皆さんの動きがよく分る。職員さんの解説を聞きながら、来シーズンの自分を思う。

いいな、いいな。この真剣さ、緊張感、集中力。

また来春、元気でいれたら乗ろうじゃないか。
  


Posted by のりちゃん at 23:45Comments(0)スポーツ

2014年09月16日

秋空

もう1度夏に戻るだろうと期待していたけれど、この空の色と雲は秋。


レース3日目最終日は、午前に1レースだけ行われる。全6レースの最終レースだ。

一人乗りヨットのレーザー艇のスタート前。これは一回り小さいセールを持つラジアルと言うクラス。

風上のマークを回った後、追い風で走る、レーザー・ラジアル級の船。

一枚セールでしか出来ないスタイル(セールを最大限前に出し、船を傾ける)で帆走る選手たち。

同じマークを使って2人乗りヨットのレースも同時で行う。

セーリングスピリッツ(SS)は色様々な3枚目の帆(スピネーカー)を出している。

微風の中、これだけきれいに帆走れるなんて、さすがの県代表選手たち。

赤・黄・青・白・ピンクのスピンが鮮やかできれい。

4日間の昼食は、700円の水了軒のお弁当。


午後は忙しい。戻って来た運営艇に積んであった様々な道具が戻ってくる。

旗類も、真水で洗って、干して、畳んで、引き出しに収める。

色々と不具合があった。用意していない備品、数が足らない品。
何処へ聞けば解決するのかわからないトラブル・・・

来年の国体本番に、しっかりと反映して頂きたい。
  


Posted by のりちゃん at 00:26Comments(4)スポーツ