2019年01月14日

ポンポン

近くのバス停からマイクロバスで2時間半、大阪と京都の境にあるポンポン山へ23人で登る。

1月は当番月だから案内役。11月末に下見に登った時は紅葉が綺麗だったっけ。

神峰山寺の山門には、真新しいシキミの葉が沢山」吊るしてあった。

本山寺の山門にもこのとおり。魔除けだろうか。両寺で1年の安全を祈って山道へ。

仏様に守られて、怪我もトラブルも落伍者も無く、時間通りに帰着できた。
  


Posted by のりちゃん at 00:20Comments(0)アウトドア

2018年12月09日

枯草の上を歩く

西浜中学校ハイキングクラブの12月例会は、度々訪れている海南の「鏡石山」 555m

今秋~冬は、どの山も倒木が激しい。倒れた樹をまたいだり、下をくぐったりしながら進む。

足元の枯草を踏みしめながら、海南駅から3時間45分で頂上に立ち、三角点を踏む。


頂上からアップダウンして1時間30分、お馴染みの大野城跡は、3段仕立て。

ここから藤白神社までは1時間半の下り道、更に海南駅まで熊野古道を歩いて30分。


  


Posted by のりちゃん at 23:32Comments(0)アウトドア

2018年11月30日

ポンポン山

1月の第2週の日曜に訪れる予定の、ポンポン山を下見ハイキングで歩く。

行程の半分はアスファルトの舗装道でつまらない。が、寺を過ぎたあたりからの山道が良い。

遅ればせの紅葉が、疲れた足と目を和ませてくれる。

寺界隈はモミジが多くて、散った葉にも彩があって錦の様に鮮やかだ。

頂上から下っての善峰寺は、西国の札所とあって訪れる人も多い。

モミジの境内が美しい。山門からの背景が好かった。

  


Posted by のりちゃん at 22:51Comments(0)アウトドア

2018年11月25日

いつも青空

自由参加のハイキングと冠したグループで山を歩く。メンバーは近畿の各地から集る健脚。

いつも何故か好天気。この日も上々の青空に最後の紅葉が映える。

花園から高野山を目指す、13.5km ・ 標高差612m ・ 5時間半の行程。

遠くに龍門山や飯盛山などの泉南の山も見える。

粋な計らいの看板。スカイツリーに登った事はないけれど。


地形図を読み取りながら歩く途中で、三角点探しをさせてもらった。

見当はずれの場所で探して見つからなかった。まだまだ修行が足りないね。
  


Posted by のりちゃん at 22:53Comments(0)アウトドア

2018年11月25日

つわぶきの里

雑賀崎の岬の作業に行って驚いた。一面つわぶきの黄色で埋まっている。

海近くの斜面にもともと生えていたのを、株分けして増やしてはいたけれど・・こんなにも!

我が庭に植えてあるのも、今年は花穂が沢山出揃った。夏~秋の異常気候のせいなのか。

丁度やって来たキタテハも、お腹一杯蜜が据吸える。
  


Posted by のりちゃん at 22:32Comments(0)アウトドア

2018年11月12日

摩耶山ハイキング

名前だけは良く聞くが、どこにある、どんな山やら?阪急神戸線の王子公園~六甲の奥だった。

神戸の街を背後から守る、屏風か衝立のような山脈のひとつが摩耶山

2時間で頂上に立ち、近くの掬星台と言う広場で昼食。ケーブルで来るファミリーも多い。
トレイルランの競技中で、ホットレモンの振る舞いもあった。

紙コップの捨て方が気に入った。袋をかぶせた筒に入れると、かさ張らないでGood!

鉄塔を通ると、下から見上げてしまう。幾何学模様が素敵。


  


Posted by のりちゃん at 23:08Comments(0)アウトドア

2018年10月30日

1等三角点

登山道は急な登りで、あえぎながら汗をかきかきやっと頂上へ着いた。
一面のススキに歓声をあげたものの、風が強くて寒い寒い。

岩を背にした風の来ない場所を見つけてお弁当タイム。残り物を詰めたが結構な内容。

午後の出発前に、三角点についての説明があった。ここは数が少ない1等三角点

地上に出ているのは21㎝、その下に73㎝が埋もれている。更に下には予備の石もある。  


Posted by のりちゃん at 00:34Comments(0)アウトドア

2018年10月30日

生石ヶ峰

この夏~秋は、予定していたハイキングが4つほど流れた。今回は10数年ぶりの生石ヶ峰。

海南駅から大型タクシーで30分、登山口まで移動してから、2時間半でススキの原へ。

お弁当タイム1時間の後、頂上をめざす。背丈より高いススキの原を闊歩するのはうれしい。

遥か30年前は、お弁当を持ってドライブで、レストハウスまで乗り込んで訪れたっけ。

岩=石がご神体だと言う「生石神社」 巨大な一枚岩の元に社を設けてあった。

  


Posted by のりちゃん at 00:30Comments(0)アウトドア

2018年10月20日

北風10m

今年最後のディンギー練習に常連6人が集まるが、海は北風10m、うねりもある白波の荒れ模様。

港の内側は少しましだからと何とか海面に出る、午前中はそこそこにこなせた。

静まるはずだと予測した午後は、更に突風が厳しい状態。諦めてボートからの見学にした。

ベテラン職員さんの模範の帆走の後、乗りたくてうずうずしていた皆も果敢に挑戦する。

  


Posted by のりちゃん at 23:22Comments(0)アウトドア

2018年09月17日

ぶらぶら2時間  9/11

9月23日の「雑賀崎ぶらぶら散歩」の準備で、4人の和大生も入れて10数人で下見歩きをした。

昔の小学校跡地に、小学生が植樹した栗の木が育っているが、台風の風でそこここに実が落ちる。

漁港から集落の中へ入り、神社とお寺へ寄りながら、狭くて急な坂道をくねくね2時間で灯台へ。

いつ来ても気持ちの良い場所だねぇ。何十篇も来ているのに、またシャッターを押してしまう。
  


Posted by のりちゃん at 22:45Comments(0)アウトドア

2018年08月26日

癒しの海

泉大津ヨットクラブのレースに出る艇に乗せてもらった。ヨットに乗るのは5月の連休以来。
青空天気にそこそこ吹く風は好条件。8艇中ダントツの1位でフィニッシュとは気分も最高。

港へ帰ってデッキで軽い昼食。やっぱり海、海でなくっちゃ癒されない。
  


Posted by のりちゃん at 23:35Comments(0)アウトドア

2018年08月17日

お魚ハンター

孫たちが小さい頃は、片男波の浜で砂遊びや貝殻拾いをして遊んだ。
最近はもっぱら浪早ビーチの岩場がお気に入り。

ゴーグルやシュノーケルマスクを付け、100均の網を片手に魚を追いかける。

お姉ちゃんは大き目の魚もすくい採ってしまう。山合いに住んでいるのに、どうよ・・

ばぁちゃんも一緒に泳ぐが、鈍くさくて採れない。海中の景色を楽しむだけ。

大きい鯛・鰈・ハゲ・三番叟・ベラ・コチ・ハゼ、群れて泳ぐのはグレや鯵やボラだろうか?

収穫は、クサフグ・ハゼ・コチ?・ヌタの幼魚、エビ・カニ・ヤドカリ・ウニ。大したもんだ。
  


Posted by のりちゃん at 23:06Comments(0)アウトドア

2018年08月06日

短足ポニーとヒップアップ牛

2日目は、美ヶ原の王ケ頭(2034m)までの往復3時間コース。
牧場なので牛が・・・じゃなくて最初に出会ったのはポニー。あれっ?足が短い。

お城の動物園に居るのはミニチュアホース。ポニーは本当に小さいや。

白と黒のまだら模様。牛乳のパックの絵そのものの牛。

沢山いるけれど、牛舎が見当たらない。どこで寝るのだろう?雪の冬は?

後ろ足が長いから、ヒップアップのスタイル良し。大山で見たジャージー牛とはまた違う。

手前の2匹は子牛。いいねぇ~、餌に囲まれて涼しい所でのんびりできて。
  


Posted by のりちゃん at 22:51Comments(0)アウトドア

2018年08月06日

霧ヶ峰~美ヶ原

西浜中学校登山ハイキングクラブの特別例会(お泊り例会)で、車山高原と美ヶ原高原を歩く。
1日目は車山から八島が原湿原への軽いアップダウンの4時間コース。風は涼やか。

遠くからも良く見える白い球は、気象レーダー観測所。(1999年~)

富士山にあったのが引退したから代役で登場したらしい。

それにしてもどうよ。この青空、白い雲、緑の草原。お天気に恵まれてGood!

  


Posted by のりちゃん at 22:34Comments(0)アウトドア

2018年07月02日

夏の金剛山

金剛山には子供時分から何十回も登っているのに、知らないルートが沢山ある。

河内長野発 8時30分のバスはもう満員。皆登山の服装でリュックを持つ。
このクソ暑いのに・・何で金剛山?こんなに人が多いの?と驚いた。

暑い時分だからと、川の横の木陰道の妙見谷ルートでで頂上をめざす。

しかし・・先日からの雨で道が流れて通れない。急きょ沢歩きに変更になった。

靴が濡れないように、道を読みながら、バランスを取りながら、そろそろと歩く。

予定外でもけっこう面白い山行になった。頂上にある噂のライブカメラにも写ったよ。


  


Posted by のりちゃん at 22:39Comments(0)アウトドア

2018年06月10日

セーリング日和

淡輪海洋センターでのディンギー自主トレの2回目の今日、メンバー6人が集う。

今のシーズンはプログラムが多そうだ。OPヨットの小学生にカヌーの中学生。

他にも、警察学校の逞しい若者集団も活動している。賑やかなセンターは楽しみだ。

昨日梅雨入りしたばかり。でも晴れて、AM5~8m・PM5~0mの風模様。

午前の、波高1mの白波の立つ海面は厳しかった。波しぶきを受けながらの緊張の2時間。
午後は風が少し納まって、程よい強さに落ち着いた。長い距離を気持ちよく帆走って大満足。
  


Posted by のりちゃん at 00:56Comments(0)アウトドア

2018年06月05日

オブジェ

枯れた木がなぜか真っ白で、倒れているのは巨大な骨のよう。

ちょっと不思議な景色が続く。

岩山だから根が浅い。大木も簡単に根こそぎ倒れる。

  


Posted by のりちゃん at 21:43Comments(0)アウトドア

2018年06月05日

大台が原

25年ぶりの大台ケ原へハイキング。前回は大杉谷へと下るコースで、巨石群の渓谷に圧倒された。

今回は山頂の峰を4ツ巡るコース。1600mあたりをアップダウンアップダウン。

30cm丈の桜笹の間から、新緑のハウチワカエデの木が伸びる手入れした庭のような景色。

人が通った後が筋のように記されている。

雨の多い場所なのに、ピカピカの青空。湿り気の無い空気が爽やか。

丁度見ごろのシロヤシオツツジ

白い桜の様に枝にぎっしりと咲く。         コバイケイソウも穂を伸ばしていた。  


Posted by のりちゃん at 21:40Comments(0)アウトドア

2018年05月05日

穴子の町

今年になって、港かなえ さんの小説やエッセイを読み続けている。
彼女は淡路島在住。エッセイに鯛そうめんと穴子やタマネギや鱧の話が度々出て来ていた。

噂の穴子屋からは香ばしい香りがずっと漂って来ていたが、お店に着いたら長い行列で驚いた。
一人が数匹づつ買うから、列が進まない。そういう我々も、昼用と土産用に沢山買う。


港に戻ると、続けて5艇のヨットが到着。1艇に一人づつ小父さんが乗る。ツーリング感覚だな。

明石海峡大橋をくぐった2時過ぎ、赤飯と穴子で昼ご飯。

潮も風も後ろから押してくれて、艇の進みは速い。4時間半で泉大津に帰港できた。
  


Posted by のりちゃん at 23:00Comments(2)アウトドア

2018年05月05日

野島断層

2日目の朝はゆっくり起きて、たっぷりの朝食。散歩がてらに穴子の店へと向かう。

続いて阪神淡路大震災の傷跡の残る野島断層の記念館へ。(翌日はイベントがあったらしい)


断層の上に建物を作って、そのまま保存してある。隣りに倒壊しなかった家も残してあった。



  


Posted by のりちゃん at 22:57Comments(0)アウトドア