2018年02月25日

日本語は難しい

10年近く前に評判だったコミックエッセイを図書館で見つけた。こんな軽いのも置いているんだな。
本屋で立ち読みしてプッと笑ったっけ。1は貸し出し中だったから、2・3・4と古典版を借りて来た。

プッどころか、爆笑物のエピソードが笑わせてくれる。可笑しくて涙が出る位に笑い転げながら、
毎日1冊を読み進む楽しいひと時。

何年か前に南海電車で、アメリカの留学生らしき2人連れに、言葉の意味を問われた事がある。
彼等はコミック本の吹き出し会話の意味を調べていた。しかし・・私には難解で答えられなかった。

近しい言葉を教えると、タブレット辞書で検索しながら真面目に調べていたっけ。
その真摯な姿に、日本人として恥ずかしい気持ちを持った。
もっと日本語に、詳しくなければいけないのだろうに。

  


Posted by のりちゃん at 23:58Comments(0)出来事

2018年02月23日

オリーブの里?

巷では空き家が増えているそうな。雑賀崎に住む友人は、親族の家を解体して更地にしたと言う。

空いたままでは勿体無い。何か実の成る木を植えようと思案して、友人が決めたのがオリーブ
成長が速くて、良く実が成り、渋みのある実は鳥に食べられない。気候も合っているみたいだし。

オリーブの苗を沢山育てている知り合いとの橋渡しのご縁で、植樹に立ち合った。
今日植え付けたのは2本だけだけれど、これから増やしていけば、オリーブ里になるかもね。



  


Posted by のりちゃん at 23:56Comments(2)出来事

2018年02月18日

子犬2匹

キャンキャンと言う鳴き声が聞こえる。さては例の8匹の子犬かも?と走って見に行った。

作業をしている仲間の足元で、2匹がじゃれ合っていた。近寄ると手袋に噛みついてくる。

何とタフなんだろう。一時も休まず、お互いをかみ合って転げまわっていて、ずっと動き続けている。

母犬や兄弟はどうしたのだろう?2匹だけでいるけれど生きていけるのだろうか?
エサをやっている小父さんがいるらしいし、痩せてはいないから大丈夫なのかな?

どこかに引き取られて、安泰に暮らしてほしいと願うが、無理なのかもしれないな。


  


Posted by のりちゃん at 22:57Comments(2)出来事

2018年02月18日

進化した恐竜

冬になると、ちょいちょい見かけるオシャレな小鳥。ジョウビタキ。同じ場所に居続けている。

現在の鳥類は、その昔の恐竜から進化したと聞いた。にんげんの祖先はホヤなんだって。  


Posted by のりちゃん at 22:50Comments(0)花と虫

2018年02月18日

トンガの作業

第3土曜日は、雑賀崎のトンガ岬で作業をする。「今日は何をしたら良いの?」

青々とした大株のマーガレットの横に、新たに12株の苗を植え付ける。4月が楽しみ。


木の根元には、穴を掘って寒肥の鶏糞を埋めていく。これは男性陣のお仕事。


休憩のおやつは、サツマイモと白玉団子の入った雑賀崎のお善哉と八朔。
  


Posted by のりちゃん at 22:44Comments(0)出来事

2018年02月17日

スティーブン・キング

毎日せっせ、せっせ、せっせと読み続けて、やっと3週間で上巻を読み終えた「IT」
本の厚みは4cmで文字は小さい。初版は27年前。図書館奥の書庫から出してもらって借りて来た。

アメリカの人気作家で、映画「スタンド・バイ・ミー」や「ショーシャンクの空に」で知られる彼。
両方の映画を観て惚れ込んだ。単発のTVドラマにも引き付けられた。でも原作を読んでいなかった。


今年「IT」のリメイク版が劇場公開されたのを観て、やっと原作を読む気になった。
しかし文章はとても長い、一つの表現についての説明が途方も無く長い。
彼の文章は、「具体的な固有名詞をはじめとした詳細な日常描写を執拗に行うのが特徴」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0  


Posted by のりちゃん at 00:46Comments(0)

2018年02月14日

ぎりぎりセーフ

退職前は方々で頂いて、いつもどっさり持ち帰ってくるバレンタインチョコだったが・・
娘からは昨日きびタルトの詰め合わせが届き、私からは夕食前にゴディバを差し出した。

夜7時半に届いた宅配便。おやまぁ嬉しい。最後に素敵なのがやって来たね。
  


Posted by のりちゃん at 23:55Comments(0)食べ物

2018年02月14日

あられ

今年も作った「鏡餅のあられ」 何だか色が悪いよ。ちょっとカビてたもんね。

でも美味しい。ハーブソルトで味付けして、娘宅へのバレンタインの荷物に入れておいた。
  


Posted by のりちゃん at 23:45Comments(0)食べ物

2018年02月11日

樹氷の三峰山

日曜日は雪中登山で、奈良県北部の三峰山(みうねやま)1235mを登った。
和歌山からはバスで2時間半もかかるけど、高見山と競う樹氷の名所で賑わっている。
第4駐車場までがマイカーで満車。マイクロバスの団体で予約していたからこそ停める事が出来た。

樹氷で飾られた頂上手前の林を歩く。


木々の枝に冷気が積み上げる樹氷は、ガラス細工の鳥の羽根の様に繊細で美しい。

頂上を過ぎた広い場所で、20分の遊び時間をもらえた。

間違って2枚も買ってしまったソリが活躍する。皆で交代しながら滑って遊ぶ。


滝も凍る。


橋の下も凍る。


凍てつく寒さの中、アセビの蕾が赤くふくらんでいた。











  


Posted by のりちゃん at 23:59Comments(0)アウトドア

2018年02月11日

ぶらぶら歩こう 3D迷路

~お彼岸の中日に夕日を見よう~と言うイベントを、15年も続けてきている。
この春は、雑賀崎の集落の細い道をくねくねと登って、トンガ岬へ灯台へと歩く。

まるで3D迷路のような雑賀崎の町は魅力的だと思う。
各家の外には流し場があり、今はあまり見かけない国旗を挿す金具も壁に残っている。
細い道を歩き、階段を登りながら、面白い物や珍しい物が見つかるかも。  


Posted by のりちゃん at 00:40Comments(0)出来事

2018年02月09日

滑ろう

ハイキングクラブ恒例の雪中登山は、2月の第2日曜日。今年は奈良の「三峰山」1235m。
去年の観音峰は、膝上まである新雪をラッセルしながらで面白かった。

いつも持ってくれば良かったなぁと思うから、手に入れたそり。滑ってみよう。
  


Posted by のりちゃん at 23:41Comments(0)

2018年02月09日

顔に描いてある?

木の梯子を登って雑賀崎の堤防を歩いていると、小父さんとすれ違った。
「こんちは」・・「ひじきか?」と返事があった。何で分ったんだろうね。
その通り、磯のひじきの育ち具合を確かめに行こうとしていた。

「まだちょっと出て来たとこや」と小父さんは言ったけど、近づいてみると全く無い。
今年は寒いからかな?もう半月待ってみようや。
  


Posted by のりちゃん at 23:31Comments(0)出来事

2018年02月07日

子犬8匹

雑賀崎界隈では、毎年数匹の野良犬が誕生する。今年は真っ白なのが8匹も産まれたらしい。
親犬と行動を共にしながら、餌をもらえる人にも懐いているらしい。今はまだ子犬。

後3カ月もすれば、立派な野犬となって、市の軽トラックで捕獲されてしまうかもしれない。
そうなる前に、引き取り手が現れてくれば、子犬たちの将来は安泰だ。



  


Posted by のりちゃん at 01:01Comments(2)出来事

2018年02月03日

節分の豆とお餅

近くの神社の豆まきに、数年ぶりで出向いてみた。かなりの人で境内が込み合っている。
前に来た頃の3~4倍の人数におののく。(怪我しないかな?お餅が拾えるかな?)

その昔は、福豆の袋に当たりくじが入っていて、パジャマやトレーナーやタオルなどが貰えた。
(景気の良い頃で、沢山のスポンサーからの差し入れ品があったのだろうね。)

人の少ない場所に待機して待つ。が、全く投げてくれない。諦めかけた頃に上手く2ツ拾った。
これで良いと帰りかけた所に、外れたお餅が足元に転がり込んできた。ラッキーだった。
  


Posted by のりちゃん at 23:37Comments(0)食べ物

2018年02月03日

12万分の1本

朝刊のちらしには、各スーパーが競って巻きずしの写真を載せていて圧巻だった。
今日の節分用に売るのはいったい何本なのだろう?
弁当やおにぎりや寿司の食品会社で働いていた友に聞いてみた。何千本もあるのだろうか?

何と返事は・・12万本・・1食品会社だけの数字だから、総数は計り知れない。
申し訳ないけど、我が家用には、たった1本だけ買った。
  


Posted by のりちゃん at 23:21Comments(2)食べ物

2018年02月01日

春を先取り

関東では連日の雪。和歌山市内も今日は冷たい雨。
泉南からはるばるやって来た友は、雪や氷で危ない峠の道を避けて、遠回りしたという。

台所に面したサッシを開けると、明るいピンク色が見えた。極寒にもめげずサクラ草が咲く。

目線を前に伸ばすと、蝋梅の黄色が見えた。花数は少しだが今年初めて花開いた。

春に出合えた気分で嬉しい。小さいながらも3個収穫できた。結構甘くて驚きの味。
  


Posted by のりちゃん at 23:58Comments(0)花と虫