2014年12月08日

1年の垢

海底で1年働いてフジツボがぎっしり付いた赤(垢)ポスト。お疲れさま、1年ゆっくり休んでね。

《Wikipediaより》
1999年4月に南紀熊野体験博でのイベントの一つとして、
和歌山県すさみ郵便局局長の発案で設置された郵便ポスト。
設置場所は、和歌山県のすさみ町の枯木灘(かれきなだ)海岸、
岸から100m、水深10mの海底である。

実際に投函されたハガキは地元のダイバーが毎日回収し、
日本郵便株式会社を通じて全国に配達される。
1日平均10通、週末や夏休みには多い日で50通のハガキが投函される。

2002年のギネスブックに「世界一深いところにあるポスト」として認定、掲載された。

同年6月9日に投函数が1万通、2005年12月25日には投函数2万通、
さらに2011年10月1日には投函数が3万通を記録した。

また、2007年4月15日には、8年間海底に設置されていたポストの老朽化により、
ポストの取り換え作業が行われた。
取り換え作業は、公募した「ボランティアダイバー」7名を含む10名で行われ、
今後は新旧ポストを1年交代で使用する予定である。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 23:56│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。