2015年09月28日

竹燈夜 3年目

今年が3回目の「竹燈夜」、ご近所さんが幹事&同グループなので朝9時からの準備を手伝う。

夕方にロウソクを灯す竹が3000個。3個づつ輪ゴムでまとめて、和歌浦の妹背山1周並べる。
かがり火用の薪も待機、水を入れた紙コップにもロウソクを浮かべる。さぞかしの美しさだろう。

夕方6時に一斉に灯りを灯すはず、しかし自宅で夕食の準備中。30分遅れで見に駆けつけた。
橋の袂で写真撮影中、タイミング良く着岸した漁船に乗せてもらえ、海からの景色を堪能できた。

直の火ではなくて、竹の筒からの光は優しい。大小のカメラで197枚も写し続けた。

しかし未熟な写真の知識と腕の為、ほぼ全部がブレてしまって使い物にならない悲しさで落胆。

本日は満月、しかも地球に近く大きく見える「スーパー・ムーン」、竹燈夜とのコラボとなるか。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 00:34│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。