2016年09月13日

伊吹山山行

ハイキングクラブの今年のお泊り例会は「伊吹山」琵琶湖の北東にある1377mの独立峰で、
100名山の1つ。名前は知っていたものの、夏はお花畑、冬はスキー場としか知らなかった。

バスの窓から見ると、確かにこんもりした山の形で、てっぺんが平らで広そうだ。

登山口の標高は200mだから、約1200mの高さを一気に登る事になる。

2合目までは涼しい木立の中。その後はススキの原をくぐり抜けていく。

5合目から見上げると、頂上までの道筋が目で見える。

先に登る人たちのジグザグの列が動いていて、ああ、あそこまで登るんだとよく分る。

4時間かかって登頂した。驚いたのは、お店が沢山あった事。

食事におやつに飲み物にお土産品。何でも揃っていて、まるで観光地。


同じカテゴリー(アウトドア)の記事画像
枯草の上を歩く
ポンポン山
いつも青空
つわぶきの里
摩耶山ハイキング
1等三角点
同じカテゴリー(アウトドア)の記事
 枯草の上を歩く (2018-12-09 23:32)
 ポンポン山 (2018-11-30 22:51)
 いつも青空 (2018-11-25 22:53)
 つわぶきの里 (2018-11-25 22:32)
 摩耶山ハイキング (2018-11-12 23:08)
 1等三角点 (2018-10-30 00:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。