2017年05月01日

食のオリンピック

4年に1度開催される「食博覧会」に出向く。もうかれこれ8回目になるだろうか。

今回のテーマは「日本の祭り・日本の味くらべ」 青森のねぶたが迫力ある。

秋田の竿燈も素敵だ。ステージでは、日替わりで各県のPRイベントもあるらしい。


和歌山県が気になる。JAが柿酢やフルーツジュース、湯浅の醤油や梅干を紹介していた。


展示では、中国の各地方をイメージした料理もあった。タイのカービングの作品が美しい。

ずっと前には、食品メーカーの見本市の感があって、新製品の紹介や試食が多かった。
知られていない食材のサンプルを配ったり、格安で提供して味を知ってもらったり。

昨今は趣が違ってきていて、高い値段を付けた食品を売ろう売ろうとしている。
鶏の空揚げや串刺し肉、トルコのケバブが目立っていたが、全て法外な値段に驚く。
4年後の食博にはもう行かないだろうね。と、主人と話していた。



同じカテゴリー(出来事)の記事画像
春の大潮
浜のお掃除
海からのそよ風
古民家の屋根
搗き立て餅
桜の下に包まれて
同じカテゴリー(出来事)の記事
 春の大潮 (2018-04-18 23:04)
 浜のお掃除 (2018-04-11 23:21)
 海からのそよ風 (2018-04-09 01:08)
 古民家の屋根 (2018-04-05 23:45)
 搗き立て餅 (2018-04-01 23:50)
 桜の下に包まれて (2018-03-31 23:56)

Posted by のりちゃん at 23:57│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。