2017年09月05日

ゾウとネズミとウニとバッタ

新聞記事で見かけたこの本が気になって、図書館で借りて読んでいる。
本川達雄氏 主人と同じ69才。東大理学部卒で、動物生理学の博士でいて、著書も多い。
25年前の著書の「ゾウの時間ネズミの時間」をまず読んでから近刊の本も借りた。

数式やらグラフやらと難しい項目もあるが、生物に対する敬意があるのに共感した。

海で繁栄してきた生き物が、水分の少ない陸で生き延びるための体を持つ進化について。
生き物の内の大方を占める昆虫類と、被子植物との二人三脚で多様化してきた歴史。
その進化の過程や体の作りを記していて感動する。私達人類は、番外なのかもしれないな。


同じカテゴリー()の記事画像
シーブリーズ今昔
ベジシャキちゃん
ご用心茶
鯉の妹
もうひと働き
密かに生き延びるサンゴ
同じカテゴリー()の記事
 シーブリーズ今昔 (2018-08-18 22:35)
 ベジシャキちゃん (2018-08-12 21:53)
 ご用心茶 (2018-06-28 19:57)
 鯉の妹 (2018-06-28 19:56)
 もうひと働き (2018-05-26 23:06)
 密かに生き延びるサンゴ (2018-04-05 00:24)

Posted by のりちゃん at 23:59│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。