2009年02月05日

お宮参り

明日はいよいよ岡山に帰るという娘家族、パパが揃った今日お宮参りに行く。
青空に暖かな日差しは、生後1か月の赤ちゃんの外出を思っての神様のお計らいか?

ご近所の「矢の宮神社」は、神武天皇の大和入りを道案内した「八咫烏命」を祭る由緒あるお社。
神主さんが太鼓を叩き、祝詞を奉じている間はうつむいて聞き入っていた。
下司された、お守り・守り矢・玉串。無事に丈夫に育ってほしい。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
ぶらぶら散歩
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
同じカテゴリー(出来事)の記事
 ぶらぶら散歩 (2018-09-25 22:41)
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)

Posted by のりちゃん at 23:59│Comments(2)出来事
この記事へのコメント
お孫さんや、娘さんが
岡山へ帰ると、少しさみしくなりますねー。
Posted by 植松淳平植松淳平 at 2009年02月06日 21:12
植松淳平さん♪

多分そうでしょうね。
今日はシーツの洗濯やら、お布団干しやら、出ていた荷物の整理やらと、
細々した片づけに精出していました。一人での買い物も久々でした。

明日、明後日で、元の生活に戻る予定です。
Posted by のりちゃんのりちゃん at 2009年02月07日 00:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。