2006年12月21日

きくらげ

里山保全のボランティアの例会作業日。
岬の整備を、広い範囲に分かれて20人でしました。
いつもの草刈に加えて、急な坂道に階段道を造りました。
桜の咲く公園を造る準備では、植樹の位置の印付けもしました。

一番下の広場で作業していると、携帯telが鳴りました。
「キクラゲがいっぱい生えているから、早くおいで!」
場所はと言うと、坂道を登ってぐるっと回った一番遠い場所。
「今行けないから、写真に撮っておいてね。」しばらくすると
また電話が…「早く見に来ないと、無くなってしまうよ!」
「私の取り分、収穫しておいてね。」と言って作業を続けました。

帰り際に手渡されたのは、袋にずっしりいっぱいのキクラゲ。
洗って、干しカゴに入れてベランダへ。


同じカテゴリー()の記事画像
竹中さんのミュージアム
癒しのお手玉
参加賞
花束を花器に活け直す
メガ・ジャングルジム
作ってはみたものの
同じカテゴリー()の記事
 竹中さんのミュージアム (2018-11-12 23:03)
 癒しのお手玉 (2018-10-26 22:31)
 参加賞 (2018-10-19 01:09)
 アナログ・マシーン (2018-10-07 23:52)
 花束を花器に活け直す (2018-10-05 00:26)
 メガ・ジャングルジム (2018-10-05 00:13)

Posted by のりちゃん at 01:13│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。