2009年05月24日

窯で16時間

陶芸好きの友が、伊太祁曽神社の近くに作業場を得てかれこれ数年、
この度めでたく陶芸の窯をしつらえて、今日はその初めての窯出しにお付き合いした。

1時に訪れて窯の中の温度が下がるのを待った。80度になった3時過ぎ扉を開きました。


備前焼の湯呑は、藁=わらの模様が付いて、粋な仕上がりです。


4時頃おいとまして、夕飯の支度中の6時に訪ねてきてくれた。片付けしての帰りだと言う。
何と、気にかかっていた織部焼きの猪口2ツと変わり角皿を届けてくれました。
さっそく夕飯の食膳で使う。皿にはカマンベールチーズを、猪口には山芋を。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
お天守茶屋
介護犬
集う
山から海へ
ずっと定番
メダカがやって来た
同じカテゴリー(出来事)の記事
 お天守茶屋 (2018-06-21 00:55)
 介護犬 (2018-06-17 22:29)
 集う (2018-06-05 21:48)
 山から海へ (2018-05-11 22:30)
 ずっと定番 (2018-05-02 22:53)
 メダカがやって来た (2018-05-02 22:46)

Posted by のりちゃん at 23:56│Comments(2)出来事
この記事へのコメント
陶芸は奥が深くて全くわかりませんが備前は好きです。私は家でビールを飲む時のカップは【わら】です。普通に注いでも泡が細かくていつまでも泡がきえなくて美味しくいただけます。(^_^)v
手作りの物は温か味があってステキです。角皿は洋風、和風どちらでも重宝しそうですね
Posted by yumi at 2009年05月27日 17:53
yumiちゃん♪

我家にも「備前焼」はいくつかあります。ビール用の大ぶりのグラスも。
このグラスに注ぐと、きめ細かい泡になって美味しいらしいです。
昨日は主人が、思いだしたかのように出して使っていましたよ。

角皿は小ぶりですから、丁度焼き海苔が良く似合います。
これからは、「海苔のお皿」と呼ぶことにしました。
Posted by のりちゃん at 2009年05月28日 00:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。