2009年06月30日

ゾエアかメガロパか

和歌浦のスーパで買ってきた「しらす」の中に交じっていた、体長3mmの小さい変なやつ。

昔見た図鑑では、エビだかカニだかの幼生で、ゾエアかメガロパとか言う怪しげな名前だった。
調べてみると「ああ!こいつだったのか!」
海で泳いでいる時に、チクチクと刺してくる集団の正体だった。
クラゲではないから、何なんだろうといぶかっていたのが、このオチビさんだったんだ。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
介護犬
集う
山から海へ
ずっと定番
メダカがやって来た
春の大潮
同じカテゴリー(出来事)の記事
 介護犬 (2018-06-17 22:29)
 集う (2018-06-05 21:48)
 山から海へ (2018-05-11 22:30)
 ずっと定番 (2018-05-02 22:53)
 メダカがやって来た (2018-05-02 22:46)
 春の大潮 (2018-04-18 23:04)

Posted by のりちゃん at 00:25│Comments(2)出来事
この記事へのコメント
おはようございます♪
ちりめんモンスターですね☆
我が家も食卓にのぼるときは、小4の息子が必死で探しています。。^m^
↑のは見たことないですね。。。
Posted by caro2 at 2009年06月30日 09:07
caro2さん♪

タコやイカやエビ、フグやアジなんかの小さいのはよく混じっていますね。
でもこんな形のは初めて見ました。
図鑑で知っていたけど、目で見える大きさだったとは・・

孫が来ている時に、沢山混じっているのを選んで買ってきて、
探して遊んだことがありました。この夏にまたやってみよう。
Posted by のりちゃん at 2009年06月30日 10:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。