2007年01月16日

暖冬のせい

いつもなら今頃はまだ土の中のはずの植物が、出てきていました。
暖冬のせいでしょうか。春の七草の5番手「ほとけのざ」です。
本当の名前は「コオニタビラコ」と言います。
タンポポの葉を、丸く小ぶりにしたような雰囲気で、
葉が放射状に出て、1mmくらいの小さな白い花が付きます。
それがありました。ひとつだけですが、花も咲いていました。
せっかくだからお汁に入れよう。と、持ち帰りました。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・
スズナ・スズシロ、これぞ七草。

七草の、春と秋の解説はここから
http://www.starpack.co.jp/pubrel/pubrel-14.htm
写真は「こおにたびらこ」=「ほとけのざ」


同じカテゴリー(花と虫)の記事画像
虫愛ずる
ウッカー フッカー
華麗に変身
一日花
ウメエダシャクガ=梅枝尺蛾
不思議な粒
同じカテゴリー(花と虫)の記事
 虫愛ずる (2018-06-28 19:55)
 ウッカー フッカー (2018-06-23 22:39)
 華麗に変身 (2018-06-11 01:04)
 一日花 (2018-06-08 23:00)
 ウメエダシャクガ=梅枝尺蛾 (2018-06-02 22:04)
 不思議な粒 (2018-06-02 21:50)

Posted by のりちゃん at 01:30│Comments(0)花と虫
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。