2007年03月03日

何て鳥?


雑賀崎の岬「トンガの鼻」へ人を案内した。
やぶの道を歩いていると鳥の鳴き声がする。3種類くらいあった。
「今のは何て鳥ですか?どんな鳥が来るのですか?」の質問。
姿と名前は大体は知っている。でも声だけでは分からない。

台所にかけてある時計は、毎時鳥の鳴き声が時報になっていて、
それで数種類は覚えたけれど、外で聞く本物の声は難しい。


同じカテゴリー(アウトドア)の記事画像
セーリング日和
オブジェ
大台が原
穴子の町
野島断層
富島界隈
同じカテゴリー(アウトドア)の記事
 セーリング日和 (2018-06-10 00:56)
 オブジェ (2018-06-05 21:43)
 大台が原 (2018-06-05 21:40)
 穴子の町 (2018-05-05 23:00)
 野島断層 (2018-05-05 22:57)
 富島界隈 (2018-05-05 22:54)

この記事へのコメント
何かの補助金が また でたら 鳥案内人さんを 頼んでもいいですね。
鳥の会の 代表幹事さんは 和歌浦にお住まいです。
大昔 プロの 研究家に 教えてもらって 聞き分けられた ことも
ありましたが、今は 聴力が 衰え ただ 聞こえるだけで 有難い
と思う有様です。
Posted by jtw at 2007年03月05日 12:02
jtwさん
去年は新たに、「いそひよどり」と「ほととぎす」を覚えました。お陰さまです。
最近は、開田高原で「きびたき」も知りました。
色分けのはっきりした、丸い姿のかわいい鳥でした。
スキー宿の庭木にやって来ていましたよ。

トンガの鳥たちとも、もっと親しくならなくてはいけません。
Posted by のりちゃん at 2007年03月05日 12:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。