2007年04月10日

あけびの花事情

おととし、版画にするために「あけびの花」を詳しく調べました。
葉っぱに、三つ葉と五つ葉があるのは、前から知っていました。
秋に成る、甘い果肉の入った実の、姿も味もよく知っています。
でも、花の様子はまるで知りませんでした。
4月に咲く花は、うす紫色したひとつの雌花と、
白い複数の雄花とが、ひとつのかたまりになっています。
根元の葉と組み合わせると、そのままブローチになる可憐さです。
沢山見かけたから、持ち帰りました。


同じカテゴリー(花と虫)の記事画像
カタツムリ物語
赤い実いろいろ
きのこの山
最後までご用心
ネギかタマネギか?
なぜ鳴くの
同じカテゴリー(花と虫)の記事
 カタツムリ物語 (2018-10-19 00:45)
 赤い実いろいろ (2018-10-15 00:31)
 きのこの山 (2018-10-15 00:24)
 最後までご用心 (2018-10-09 00:14)
 ネギかタマネギか? (2018-10-09 00:03)
 なぜ鳴くの (2018-09-28 22:37)

Posted by のりちゃん at 01:49│Comments(2)花と虫
この記事へのコメント
あけびは食べるものとしか・・・・

花ね~~~~~
Posted by さんまや at 2007年04月10日 09:49
今花どきです。かわいいですよ。
5、6個の雄花を従えて、一回り大きい雌花が貫禄あります。
Posted by のりちゃん at 2007年04月10日 09:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。