2010年09月14日

キラリ!拾い物

日曜のハイキングでは、きれいな拾い物をした。「タマムシ」を2匹も。
去年も珍しい糞虫の「ルリセンチコガネ」を見つけた。紀伊半島にしか居ないという珍種だ。

ぼんやり歩いているのに、何故かこんなのは、枯れ葉の間からも見つけてしまう。
友が言う。「特殊な目を持っているんだね」と。

何だか気になってフと見ると、変わった物がそこに有る。四つ葉のクローバーもよく見つける。
もしかして、これは特技なのかもしれないな。これを活かせる場はあるかしら・・



同じカテゴリー(花と虫)の記事画像
虫愛ずる
ウッカー フッカー
華麗に変身
一日花
ウメエダシャクガ=梅枝尺蛾
不思議な粒
同じカテゴリー(花と虫)の記事
 虫愛ずる (2018-06-28 19:55)
 ウッカー フッカー (2018-06-23 22:39)
 華麗に変身 (2018-06-11 01:04)
 一日花 (2018-06-08 23:00)
 ウメエダシャクガ=梅枝尺蛾 (2018-06-02 22:04)
 不思議な粒 (2018-06-02 21:50)

Posted by のりちゃん at 23:41│Comments(2)花と虫
この記事へのコメント
綺麗やねぇ 宝石にも勝る色合い

さて 拾ってきたものを どうして置くの?
Posted by kuwatyann at 2010年09月16日 22:41
kuwatyannさん♪

「センチコガネ」は赤紫のが多いらしいです。
この青く光るのは、紀伊半島に固有の種だとか・・
「タマムシ」は、羽根だけなら時々見つけるけれど、
個体1匹は初めてお目に掛かりました。
写真よりずっと綺麗に光っていますよ。

万年筆の替えインクが入っていた透明容器で保存しています。
Posted by のりちゃん at 2010年09月16日 23:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。