2013年10月16日

台風26号のしわざ

とある用があって12時半~1時、雑賀崎への坂道を走っていると狙い撃ちの様な雨に会う。
びしょぬれでたどり着いた双子島荘。ロビーのガラス窓からは大波の荒れた海が見渡せた。

帰りに下の浜に下りてみると、大量の木屑や丸太や岩までもある。水の力の凄まじさよ。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 23:57│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。